卒業

2018年4月1日更新

卒業について

9月卒業

通常、卒業の時期は、4年次学年末(3月)ですが、その時点で卒業延期となった者が、翌年度の前期終了時に卒業要件を満たした場合、9月末での卒業が可能です。

平成30年度9月卒業をお考えの方は、下記要件をご確認ください。

  • 【申請期間・申請方法・要件について】

    対象者

    前年度の卒業延期者

    申請方法

    所定の用紙を以下の期間内に提出してください。

    ※卒業論文の提出の有無により、提出期限が異なりますので、ご注意ください。

    対象者 提出期限

    卒業論文提出者

    平成30年5月11日(金)12時50分

    上記以外の者

    平成30年6月30日(土)20時30分

    なお、9月卒業願は下記よりダウンロードまたは教務課・たまプラーザ事務課で配布しております。

    ※9月卒業願は卒業論文第2次題目も兼ねております。

    ■9月卒業願を提出後、辞退する場合

    特別の事情により9月卒業願の提出を辞退する場合には、所定用紙の提出が必要となります。

    対象者 提出期限

    提出者共通

    平成30年7月31日(火)20時30分

    所定用紙は下記よりダウンロード、または教務課・たまプラーザ事務課で配付しております。

    卒業見込証明書について

    9月卒業を願い出た学生が卒業見込証明書を発行した場合、9月末日の卒業見込みで証明書が発行されます。

    履修登録における条件に関して

    卒業に必要な科目が、前期で終了することが申請の条件です。

    ※9月卒業を願い出た場合に登録できる科目は、前期開講科目に限ります。通年・後期・サマーセッション科目は登録できません。

    卒業論文について

    卒業論文が9月卒業の要件科目である場合は、「9月卒業願」に担当教員の捺印が必要です。

    ※前年度に卒業論文第二次題目届を提出していない場合、9月卒業における卒業論文の提出は認められません。

    卒業論文提出期間

     文学部:7月9日(月)・10日(火)14時~17時

         7月11日(水)10時~12時50分

     人間開発学部:未定

    ※人間開発学部の学生は、指導教員認印を取得した後、提出してください。

    教育職員免許状について

    教育職員免許状は、卒業後の個人申請が必要です(大学からの一括申請はできません)。

    その他

    ・9月卒業を願い出た後に、9月に卒業が決定した場合は、卒業の時期を翌年3月まで延期することはできません。

    ・9月での卒業の申請手続きをしない場合には、学年末(3月)の卒業となります。

3年次卒業(法学部のみ)

3年次終了時において、所定の条件を満たした者のみが該当となります。
所定の条件については履修要綱で確認してください。

 

既に卒業されている方へ

卒業証書・学位記について

卒業証書授与式に参加できず、後日卒業証書を取りに来る場合、下記の「卒業証書等受領書」および学生証をご持参のうえ、以下の窓口へお越しください。

<文・法・経済・神道文化学部>

教務課(渋谷キャンパス)

<人間開発学部>

たまプラーザ事務課(横浜たまプラーザキャンパス)

このページに対するお問い合せ先: 國學院大學教学事務部教務課

MENU