社会教育主事課程

2019年4月1日更新

社会教育主事とは

小・中・高や大学等学校の学習以外に、青少年や成人が学習しスポーツを楽しむ教育分野を、社会教育といいます。最近は生涯学習とも呼ばれています。
このため、都道府県や市町村の教育委員会には「社会教育主事」がおかれ、社会教育のための条件整備に当たっています。この職員の資格単位を本学では「社会教育主事課程」において取得することができます。

社会教育主事をこれから始められる方へ

2年生以上で前期から新規に資格課程の開始を希望する場合は、前期履修登録期間中にK-SMAPYⅡ「専攻資格希望登録」の選択画面で資格の登録を行ってください。

※本学社会教育主事課程は、平成30年度(2018年度)までの入学者を対象としており、令和元年度(2019年度)以降の入学者については、履修および取得ができませんのでご注意ください。

また社会教育主事課程科目は令和3年度(2021年度)に廃止となり、該当科目も閉講(学部専門科目・他課程科目を除く)となります。令和3年度末までに必要科目が取得できなかった場合は、他大学等での科目等履修制度等をご活用ください。

資格課程費

資格課程の新規受講開始時は、課程費を納入する必要があります。
下記「平成31年度資格課程費納入について(前期)」をご確認ください。

このページに対するお問い合せ先: 教学事務部教務課/教育開発推進機構事務課(共通教育センター)

MENU