主体性を持ち、自立した「大人」の育成 

社会を動かす人材の育成

主体性を持ち、自立した「大人」の育成 ― それが、國學院大學の教育目標。教養を身につけ、分別をわきまえた、この社会を動かす人材を育成しています。今、立脚している日本と日本文化を理解し、日本が育んできた寛容性と謙虚さの精神を身につけたい。自身の個性を発揮しながら、自らの生きる社会に積極的に参加し、その発展に貢献したい。そんな意欲のある学生がこの國學院大學を創っています。

  1. 「豊かな知」を育む

    入学から卒業までの一貫したポリシーに基づく教育と、サークル活動やボランティア、留学など他者とのコミュニケーションを通じて、公共性や倫理観を含んだ社会を動かす「豊かな知」(悩む力・考える力・多様性を受け入れ生き抜く力)を養います。

  2. 共通教育でつかむ「日本らしさ」

    日本語・日本文化・神話等の日本を知るための知識を獲得し、他文化との比較による日本文化を相対的に理解する取り組みを通して、日本の育んできた文化・精神性について学びます。知識獲得と体験を通じて、多様性を尊重し、他社の理解に努め、現代社会で求められる日本らしさを身につけます。

  3. 公務員と教職、全体に奉仕する

    自身のキャリア観を認識し、自己の適性と興味にあった卒業後の進路を、主体的に選び取る。その過程を、1年次から授業と課外とで支援しています。利益のためだけでなく公に資する仕事である公務員・教職に就き、公務員として他者を理解しながら全体に奉仕し、教員として学問の専門性を生かし、この国の津々浦々で社会を動かすイノベーション人材の育成強化に取り組みます。

  4. 「みちのきち」でその先へ

    古典名著とは、普遍的な知の集積。本を通じて編集された情報を得て、自身の知的好奇心をデザインする場が、本の解放区である「本の木」。「本の木」が育つ「みちのきち」で、他者の知能と自身の知能を融合させ、知らなかった自分から、新たな自分に進化しよう。ときに友達と、ときに先生と、ときにひとりで、知の道を切り開いていこう。

MENU