経済学部は、「経済学科」「経済ネットワーキング学科」「経営学科」の3学科から構成されており、経済理論をはじめとして、グローバル経済から地域経済の現状、ベンチャー企業から会計まで、幅広く学ぶことができます。学科の壁を乗り越えた柔軟な科目履修が可能であるほか、基礎から応用まで学べる段階的なカリキュラム、討論やプレゼン能力も身に付く少人数教育、ネイティブ・スピーカーによる英会話の授業など、特徴的な教育を提供しています。

  • 経済学科

    日本と世界の経済を考察する学科です。経済発展の歴史とその仕組みを明らかにする理論、世界的な規模で市場が統合する中での日本の経済情況とそのシステムの分析、世界規模に視野を広げるグローバル経済の現状という3領域を修め、時代を先読みする力を養います。

  • 経済ネットワーキング学科

    地域社会問題や環境問題など現代社会が抱えるさまざまな問題を経済の視点から捉え直すとともに、それらの情報発信について学ぶ学科です。実際に問題が起きている現場に出向いて問題と向かい合い、問題の情況と本質を理解した上で、社会に存在する当事者間のネットワークをどのように活用してどのように問題を解決するのか、またどのようにそれらの情報を発信するのかを学びます。

  • 経営学科

    企業を中心とする組織のマネジメントと会計の両面から経営学を学ぶ学科です。企業経営の理論と実態の双方の学習を重視しており、経営・マーケティングや会計の理論だけでなく、学外講師陣によるケース授業や、学生による体験型授業、現場調査などを通して、市場の現状や企業の実態を踏まえた経営・会計問題の分析能力に加え、ビジネスの場で発揮されるリーダーシップを養います。

MENU