國學院大學の研究の使命は各分野の「日本」を牽引すること

国際日本学の雄となることを目指す

大学の重要な使命は「知の蓄積」と「真理の探求」。国史・国文・国法から始まった本学の研究は、各分野の「日本」を牽引することがその使命です。日本と日本文化を研究し、国内外に発信することで、日本理解を推進しています。各事象を実証的に攻究し、国際日本学の雄となることを目指しています。

  1. 「古事記学」推進拠点を形成

    日本文化を理解する鍵となる『古事記』を、これまでの研究成果をふまえ、学際的・国際的な視点から理解することにより、國學院大學独自の「古事記学」の構築を目指しています。「古事記学」の推進拠点として、先端的研究と教育を推進し、世界と次世代に語り継いていきます。
    (文部科学省 平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」採択)

  2. 校史および貴重資料を活用した調査・研究・教育の推進

    明治15年(1882年)の創立以来、数々の学術成果が織り込まれた校史と所蔵する貴重史資料を体系的に整備し、それらを基にした新たな調査や研究、教育へ反映、そして社会と共有していきます。

  3. 研究推進支援体制の充実

    優れた教育は、優れた研究から。研究者一人ひとりの研究活動の活性化のために、環境を整備し支援しています。倫理観の醸成や適正化をはかりながら、個人研究と共同研究の双方を推進し、研究成果を教育や社会に還元していきます。

MENU