國學院大學博物館

2017年2月1日更新

伝え続けるモノと心の研究拠点

國學院大學博物館は、大学が所有する学術資料や研究成果を発信する公開拠点として、また教育等に資する社会に開かれた施設として展開しています。

館内は、考古「移籍に見るモノと心」、神道「神社祭礼に見るモノと心」、校史「國學院の学術資産に見るモノとこ心」の3つのゾーンとテーマごとに展開される企画展示ゾーンの4つで構成されています。

國學院大學博物館は、年間数万人の来館者を迎え入れています。先人たちの膨大な知識と知恵を記憶する「本物」の資料と研究によって新たに創造された「知」を国内外への発信することは、國學院大學の使命なのです。

國學院大學博物館オフィシャルサイト

このページに対するお問い合せ先: 広報課

MENU