人間開発学部は、幼児教育・保育、初等教育そして健康管理の現場で活躍する「人づくりのプロ」を育成する学部です。「教職の國學院」として長年培ってきた人材育成システムを利用して、人間の持つ個性や素質を伸ばし、潜在能力や才能を引き出して、「人間開発」を行う教育者を育てます。少人数教育を実現するルーム制やゼミ制、人間力の育成を図る合宿研修、実践力を身に付ける教育インターンシップなど、充実した教育システムで学生の学修をサポートしています。

  • 人間開発学部10周年記念

    弾ける・拓く・拡がる‥‥人の潜在能力や才能をそんな形で引き出せないか。平成21年4月、私たちは誕生しました。教師とは何か‥‥それは。人を育てる人、頑張る人を応援する人を指すのだと思います。
    私たちは、「響同」をキーワードに、人を育てる人を育成する努力をしてまいりました。私たちの歩んだ10年は決して平たんな道のりではありませんでした。試行錯誤を繰り返しながら学生教員が一緒になって歩んだ10年間。その道のりを振り返りつつ次の10年をどう歩んでいくのか。そんな10周年の年にしていきたいと思います。

  • 初等教育学科

    主として小学校教諭の育成を目的とした学科です。伝統文化や言語・古典などを含む幅広い知識を吸収して、子どもの教育に必要な高い教育力・指導力を養います。同時に、体験型授業を通して教育現場への理解を深め、子どもたちの能力を引き出す人間力を身に付けます。この両輪により、理論と実践を兼ね備えた教育者を育成します。

  • 健康体育学科

    スポーツ指導者・保健体育教諭・スポーツ施設職員・地域社会のスポーツリーダー・企業の人事管理部門での健康管理のスペシャリストなどの育成を目的とした学科です。スポーツ競技者の指導や、健康の保持・増進を目的とした指導、身体運動能力未開発者への指導など、さまざまな人々の健康・競技生活を支え、豊かで健康的な生活の実現を支援します。

  • 子ども支援学科

    主として幼稚園教諭・保育士の育成を目的とした学科です。世界的に広がっている「知識基盤社会」に関わるグローバルな視野と、保護者の子育て支援ならびに地域社会の子育て支援機能というコミュニティ・サービスに関わるローカルな視点を兼ね備えた、質の高い幼児教育・保育を実践することのできる指導者を育成します。

MENU