共通教育プログラム/國學院大學科目

2014年3月31日更新

國學院らしい学びへの解答

國學院大學が提供する全学部学科共通のカリキュラム「共通教育プログラム」は、全学生が一人の人間として生きていく上で必要になると考えられる「知の基盤」を形づくるカリキュラムです。國學院らしい学びとは何か、能動的・主体的に学べる仕組みは何かという問いかけに対する國學院大學の答えが共通教育プログラムの中にある「國學院科目群」に代表される4つ科目群です。

國學院科目群

國學院科目群では、日本の文化的伝統や現代の問題について、体験やフィールド・スタディを交えながら考えます。グローバル社会の中で活躍するために、雅楽や書道などの体験を織りまぜた学びで日本のこころや知恵を次世代へつなげ世界へ発信していくための思考を養います。

汎用的スキル科目群

汎用的スキル科目群では、大学における学修の基礎となる技能、グローバル環境で生きるのに必要な汎用的言語能力、情報処理能力、数学的論理構成力を身につけ、それらを活用する能力を獲得する科目群です。

専門教養科目群

専門教養科目群は、学部専門教育科目の基礎部分を、他学部学生が「専門教養」として体系的に履修する科目群です。各学部の専門教育科目から構成されるパッケージを1つ以上選択し、定められた履修方法により6単位以上を修得します。

総合科目群

学士課程教育の導入学修、異文化への理解を促す外国語学修、スポーツ・身体活動の理論と実践、学生から社会人への展望を得るキャリア学修を通じて、学士課程教育と社会的教養を身につける科目群です。

共通教育への誘い

 國學院大學の教育は、共通教育と専門の両輪で成り立っています。専門科目は、文字通りに皆さんが所属している学部・学科の学問分野基盤に則って開設される科目群で、各々のカリキュラムポリシィーに従っています。ルールに従って卒業に必要な単位を取得すれば、学部・学科の専門的な基礎部分を身につけられるようになっています。
 それに対して共通教育プログラムは、皆さんが今後一人の人間として生きていく上で必要になると考えられる、いわゆる人間力とか社会人力と呼ばれる力の育成に寄与していく科目群から成り立っています。語学力(日本語も外国語も)は人と人とのコミュニケーションを成立させる基礎となります。情報処理系科目も、現代の社会で生活する人には知って・出来て当たり前の知識、パソコンを使う技能を学ぶ科目です。情報リテラシィについて考えるような科目もあります。
 日本人の寿命は世界の中でも1、2を争う長さです。長い寿命を健康に過ごすためには、自分の体のこと、運動することの基本知識が大切です。スポーツ・身体文化科目を学ぶことで人の体について、特に自分の体について知ることが出来ます。日本の伝統文化である武道の一端にも触れることが出来ます。
 神道科目では國學院大學の建学の精神につながる、日本の文化の基盤にある「神道のこころ」も学んでいきます。皆さんが卒業したときに、周りの人たちは國學院出身なら『神道』について、日本の伝統行事などの意味について、当然よく知っていると考えています。国語力にも定評があると考えているのです。
 社会に出たとき、皆さんが相手をすることになるのは世界の人々、そして地球という環境です。皆さんが学ぶ外国語(主に英語)は、世界の人々と良好なコミュニケーションを取るための道具です。でも、「仏造って魂入れず」ということわざを、皆さんは聞いたことがありますか。語学力は大切ですが、ほとんどの場合それは道具です。いくら会話が出来ても、中身が無ければ、本当の相互理解や自分の考えを理解してもらうことは難しいことです。皆さんが専門として学ぶ学問も、社会との関わり、人との関わり、自然との関わり、様々な分野との関わりを理解することが重要です。狭く深く学ぶことももちろん大切ですが、広く深く学ぶ好奇心が、学びの「質」を高めていくのです。
 皆さんは専門という、自ら選択した学問分野の科目にとても魅力を感じていることと思います。早く専門を学びたいという気持ちを強く持つ学生が多いのも、理解できることです。そしてその気持ちは大事にして欲しいと思います。けれども、高い山ほど裾野が広い、頂上を目指す道は一つでは無い、無用の用、等々の言い回しがあるように、幅広く学ぶことは専門を究めようとする人にも大切なことです。
 皆さんが社会に出たときに特に求められることになる、問題発見・解決能力、つまり新たな課題を見いだし、答えのわからない問題に答えを出す力とは、見方を変える(複数の視点も持つ、発想の転換)力から生まれます。世界には、社会には、そして過去・現在にも、様々な人々がいて様々な営為があり、多くの思想、行動、発明、発見、成功と失敗、苦悩と喜び、等々に充ち満ちています。共通教育プログラムのそれぞれの科目群でそれらの一端にでも触れることは、皆さんの考え方に柔軟性と相対性を生み、いつしか皆さん自身の英知へと変換されていくことでしょう。
 共通教育プログラムは、人を鍛える科目群から成立しています。いつか社会人となる学生の皆さんには、社会に出て生き抜く力、自立する力、他を知ることで学ぶ寛容の精神等々、生きていく力の基礎を、共通教育を学ぶことでしっかり身につけて欲しいと思います。好奇心を忘れること無く、おもしろそうな授業をいっぱい受けてみましょう!

このページに対するお問い合せ先: 教務課

MENU