國學院大學公的研究費の運営及び管理並びに研究活動における不正の防止及び対応について

2015年8月4日更新

 國學院大學は、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)ならびに、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日決定)を受け、公的研究費の運営及び管理並びに研究活動における不正への防止及び対応について、「國學院大學研究に関する行動規範」ならびに「國學院大學公的研究費の運営及び管理並びに研究活動における不正の防止及び対応に関する規程」を策定し、研究費の不正使用及び研究活動の不正行為(以下「不正」という。)を防止し、適正な運営・管理を行っています。

(1)管理責任者

 本学は、管理責任者を以下のとおり定め、適切な運営・管理を行っています。

 [1]最高管理責任者 : 学長

 [2]統括管理責任者 : 学長が指名する副学長

 [3]コンプライアンス推進責任者 : 学長が指名する公的研究費担当の副学長及び大学事務局長

 [4]研究倫理教育責任者 : 学長が指名する公的研究費担当の副学長

(2)不正防止計画推進本部

 公的研究費の運営及び管理並びに研究活動における不正への防止・対応について、最高管理責任者の下に、不正防止計画推進本部を設置しています。不正防止計画推進本部長には統括管理責任者があたり、以下に掲げる事項を行っています。

 [1]不正防止計画の策定及び推進

 [2]公的研究費の管理及び執行のモニタリング

 [3]不正に対する告発及び相談の取扱い及び調査に関する事項

 [4]その他適正な公的研究費の運営及び管理並びに研究活動の確保に関する必要な事項

(3)公的研究費監査委員会

 不正防止計画推進本部で実施されている、不正使用の監査の実効性を高めるため、最高管理責任者の下、公的研究費監査委員会を設置しています。公的研究費監査委員会の委員長には統括管理責任者があたり、以下に掲げる事項を行っています。

 [1]リスクアプローチに基づいた監査の計画の立案及び見直し

 [2]監査結果の周知及び類似事例の再発防止の徹底

 [3]推進本部によるモニタリングの機能の検証

 [4]その他公的研究費監査に関する必要な事項

(4)コンプライアンス教育の実施

 國學院大學では、コンプライアンス推進責任者が公的研究費の運営及び管理にかかわる構成員に対して、コンプライアンス教育を定期的に行っています。また、構成員は、コンプライアンス教育を受講し、所定の誓約書を提出することが義務付けられています。

(5)研究倫理教育の実施

 國學院大學では、研究倫理教育責任者が、公的研究費による研究活動に関わる構成員に対して、研究倫理教育を定期的に行っています。また、構成員は、研究倫理教育を受講し、所定の誓約書を提出することが義務付けられています。

(6)公的研究費に関する相談窓口

 國學院大學では、公的研究費に関する相談窓口を設置しています。相談は、電子メールの送信、電話、書面の提出又は窓口における面談により受け付けています。

相談窓口:研究開発推進機構事務課(渋谷キャンパス学術メディアセンター(AMC) 5階)

電話番号:03-5466-6745

メール:kikou●kokugakuin.ac.jp(「●」を「@」に置き換えて送信してください。)

(7)公的研究費の不正に関する告発窓口

 國學院大學では、公的研究費の運営及び管理並びに研究活動における不正に関する学内外からの告発窓口を設置しています。告発は、電子メールの送信、書面の提出又は窓口における面談により受け付けています。

告発窓口:不正防止計画推進本部

メール:fuseiboushi●kokugakuin.ac.jp(「●」を「@」に置き換えて送信してください。)

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

MENU