海外留学支援

2022年4月7日更新

【在学生/保護者の方へ】令和4年度 留学プログラムの海外派遣方針について

國學院大學在学生、保護者の皆様

 国の方針に基づき、本学では海外留学プログラムを実施するための安全基準を、外務省の海外危険情報及び感染症危険情報レベルが1以下であることとしておりますが、全世界の感染症危険情報レベルは、依然として2もしくは3が発出された状況が続いております。

 その一方で、ほぼ2年間にわたり海外渡航を伴う留学プログラムが全面中止となっており、多くの学生の皆様が、限られた学生時代の中で留学の機会を失う事態が続いております。そこで、留学の教育効果と留学に伴うリスクを総合的に考慮し、以下、全ての条件を満たす本学の留学プログラム及び参加学生については、段階的に渡航留学を許可することができることと致しました。

1)留学先国・地域における、外務省から発表される「感染症危険情報」がレベル3以下であり、且つ「危険情報」がレベル1以下であること
2)留学先国・地域の新型コロナウイルス感染症の状況が収束傾向であると國學院大學が判断できる状況であること
3)留学先国・地域の留学に必要な査証(ビザ)が取得可能であること
4)留学に参加する学生が、新型コロナウイルス感染症のワクチンを2回接種していること(あるいは、接種が済んでいない場合には、留学先国・地域及び留学先大学が当該学生の入国及び受入れを許可すること)
5)留学に参加する学生が、留学に伴うリスクを自ら調査し、保証人と共に適切な対策を講じることに同意すること
6)新型コロナウイルスの状況の変化により留学中止となった場合、それにより生じる費用は全て自己負担となることについて、留学に参加する学生が同意すること

 なお、対象となり得るのは、本学協定校への中・長期の留学プログラム(協定留学、セメスター留学)、及び本学とパートナーシップ協定を結ぶ一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)主催の留学プログラムを利用した認定留学とし、令和4年度開始の留学プログラムに限りこの特例措置を適用させることとします。

 留学を目標に入学し、また準備を続けてこられた学生の皆様、それを応援してこられたご家族の皆様におかれましては、留学する学生の皆様の安全と健康、そして学修機会の担保を総合的に考慮した本方針につきまして、なにとぞご理解賜りますようお願いいたします。

 なお、留学プログラムに関する事務手続きや留学相談などは、国際交流課の各留学担当が引き続き担当いたします。ご不明な点がございましたら、国際交流課までお問い合わせください。

 お問い合わせ先:kokusai*kokugakuin.ac.jp
  *を@に変えてください。

令和3年12月2日
國學院大學 国際交流推進部

最新の留学情報・留学説明会の見逃し配信はこちらから

国際交流ガイドブック

グローバル人材へのガイドブック 
国際交流課では、本学のグローバルに関する詳細な説明が書かれているパンフレットを在学生に配布しています。ぜひ下記の部署でパンフレットを受け取ってください。
 ● 渋谷キャンパス
国際交流課(渋谷キャンパス6号館1階)
 ● たまプラーザキャンパス
たまプラーザ事務課カウンター

国際交流・留学に関わるすべての情報が網羅されている大切な1冊

国際交流に関する方針
大学は、海外の大学・研究期間との交流を通し、情報交換・学術協力・人材育成の促進を図る。また、学内の組織を有機的に連携させ、国際交流を通して研究教育の向上を不断に図り、多様化の中での新たな価値の創造をめざし、今後一層の発展を期する。

News

このページに対するお問い合せ先: 国際交流課

RelatedArticles&Information

MENU