証明書について

2020年6月9日更新

証明書について

  • 証明書にはどういった証明書がありますか?

    証明書の種類に関しては「各種申請書/各種資料」を確認ください。「即時交付」の証明書は、証明書自動発行機にて発行を受けてください。交付日数がかかるものは、渋谷キャンパス教務課もしくは横浜たまプラーザキャンパス事務課窓口でお申込みください。
     学長推薦状や人物に関する証明書の発行は、キャリアサポート課もしくは教職センター(百周年記念館1F)でご相談ください。

  • 自動発行機のパスワードは何ですか?

    学部生の場合(平成13年3月以降の卒業生も含む)、初期設定の状態ですと、保証人の方の誕生月日4桁で設定されています。(例:3月2日→0302)
    パスワードが上記の内容と異なる場合は教務課・横浜たまプラーザ事務課窓口にて確認ください。(その際に在学生は学生証・卒業生は身分証明書をご提示ください)

  • 成績が発表されましたが、いつ頃に証明書へ記載されますか?

    前期成績は10月1日以降、後期成績は4月1日以降に反映します。就職活動等で成績証明書の提出が必要になった場合は成績反映時期に注意の上、ご対応ください。

  • 不合格の科目は成績証明書に記載されますか?

    不合格の科目は成績証明書へは記載されません。そのため、記載のある科目は合格した科目のみとなります。また、GPAに関しても不合格の科目は含まずに計算されております。

  • 成績証明書のGPAを含むものと含まないものの違いは何ですか?

    証明書の左下の欄にGPA(Grade Point Average)の記載の有無となります。提出先の指定等に応じてご確認ください。

  • 卒業見込証明書はいつから発行出来ますか?

    卒業見込証明書は4年次の4月2日以降に発行が可能となります。就職活動等で提出が求められる際はご留意ください。

  • 卒業見込証明書の発行対象者を教えてください。

    4月1日現在で、4年間の在籍(8セメスターの在籍)を当該年度で満たすことができ、4年次の履修単位制限内で卒業に必要な単位数(124単位)を満たすことが可能な場合に証明書を発行することができます。

このページに対するお問い合せ先: 教学事務部教務課

MENU