本学の学生を支援するシステムについて

2019年2月13日更新

K-SMAPYⅡ

 國學院大學では、学生支援の一環として、WEBを利用した学修支援システムの開発に取り組み、平成14年度から「K-SMAPY」を稼働させました。その後の数次にわたる機能追加を経て、稼働から16年半後の平成30年9月より、新システム「K-SMAPYⅡ」へ移行することとなりました。
 移行後の新システムにおいても、授業における教員と学生、あるいは学生間のコミュニケーションを円滑にし、教室以外の場所に学修の場を提供する目的で設計されています。
 
※移行後、本サイトでもK-SMAPYⅡに関する説明を随時更新いたします。

トップ画面(参考)

クラスプロファイル(参考)

履修している科目を確認したり、授業資料のダウンロードや課題提出ができます。

就職情報(参考)

各種セミナーの申込や進路希望登録、就職活動報告、OBOG検索、面談予約などがあります。

時間割り確認(参考)

ご自身の履修により登録完了している授業が自動的に表示されます。

K-LOOK

K-LOOK(ケールック:Kokugakuin Lots Of Official information to Know)とは、K-SMAPYの大学からのお知らせ、ニュースやスライドによるお知らせなどの情報を発信する大型液晶ディスプレイです。
このディスプレイによって、全学的なお知らせなどを授業の前や移動中に手軽に見ることができます。

K-LOOK

設置場所

渋谷キャンパス 120周年記念2号館 1階 2台
120周年記念2号館 1階 1台

K-aiser

K-aiser(カイザー:Kokugakuin university Academic network SERvice)とは、 本学の蔵書検索システムです。
図書館所蔵資料に限らず、資料室・研究室等全所蔵が検索対象です。また、図書館の個人ポータルサイト「利用者サービス」もあり、一人ひとりの図書館の情報を確認、蓄積することができます。

K-SMAPYとのシングルサインオンを実現しています

シングルサインオンとは、一つのシステムで認証された情報を他のシステムにも継承することで、利用者に再度ログオンを操作する手間をなくす便利な機能です。
K-SMAPY(学生支援システム)と「利用者サービス」はシングルサインオンで連携されており、K-SMAPYにログオンすることで、認証なしで自分の「利用者サービス」トップ画面を表示させ利用することができます。
本学ではセキュリティを保ちつつ、ひとつのユーザー名とパスワードで学内の各システムの利用を可能にし、ユーザー名・パスワードの管理や利便性を図る仕組みを実現しています。

K-aiser トップ画面

「利用者サービス」トップ画面

Office365 for Education

平成27年度より、Office365 Proplusが在学生の方にマイクロソフトから無償提供提供されています。
在学生の方は、在学期間中マイクロソフトからOffice365 Pro Plus(Microsoft Office製品)を、本人が所有するパソコンにダウンロードおよびインストールすることが可能です。

このページに対するお問い合せ先: 國學院大學 情報システム課

MENU