図書館

2018年8月9日更新

図書館からのお知らせ

  • 図書館システム更新作業に伴うサービスの停止について 7/12up

    図書館では、9月10日に図書館システムの更新を予定しております。

    この作業に伴い、蔵書検索及び来館利用サービスの一部を以下のとおり停止させていただきます。

    ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

     

    1.停止サービス【停止期間】

    サービス名 停止期間
    蔵書検索(Kaiser/OPAC)の利用 9月3日(月)~9月9日(日)
    資料の館外貸出・返却 9月3日(月)~9月9日(日)
    書庫資料の出納 9月3日(月)~9月9日(日)
    他キャンパス資料の取寄せ 8月31日(金)~9月10日(月)
    他機関への文献複写・貸借依頼 8月9日(木)~9月10日(月)
    利用者カードの発行 9月1日(土)~9月9日(日)
    山手コンソーシアム加盟校関係者の来館利用 9月1日(土)~9月9日(日)

    ※サービス停止期間中の開館状況は開館予定をご確認ください。

     

    2.蔵書検索(Kaiser/OPAC)の利用

     ・利用停止期間中(9月3日~9日)は、館外からのアクセスもできなくなります。

     ・新OPACは9月10日より稼働予定です。

        ・ブックマークをされている方は、URLの更新をお願いいたします。

          (新URLは後日公開いたします。)

     

    なお、最新の情報は國學院大學図書館Web サイトをご確認くださいますようお願いいたします。

     ・https://www.kokugakuin.ac.jp/student/lifesupport/library

     

    本件問い合わせ先:図書館事務課

    TEL:03-5466-0159

  • 雑誌『野球界』第2期追加について 6/28up

    昨年度末に購入した雑誌『野球界』第2期刊行分を購入しました。

    Maruzen eBook Libraryより閲覧可能です。

     

    ・雑誌『野球界』第6巻~第10巻(第3巻4号~第4巻2号)

  • ジャパンナレッジ追加コンテンツのお知らせ 6/5up

    6月1日(金)より、ジャパンナレッジLibの新コンテンツとして、 実務・学習に役立つスペイン語・イタリア語辞典を搭載致しました。

    「小学館 西和中辞典 第2版」
    [詳細] https://japanknowledge.com/contents/ssj2/index.html

    「小学館 和西辞典」
    [詳細] https://japanknowledge.com/contents/sjs/index.html

    「小学館 伊和中辞典 第2版」
    [詳細] https://japanknowledge.com/contents/sij2/index.html

    「小学館 和伊中辞典 第2版」
    [詳細] https://japanknowledge.com/contents/sji2/index.html

    西和中辞典、伊和中辞典には音声も収録しています。

  • 電子書籍・データベースの追加について(その2)4/10up

    以下の電子書籍とデータベースを追加しました。ご活用ください。

    1.電子書籍

    ・一般図書487タイトル(532冊) 電子図書館(LibrariE)より閲覧・貸出可能 

    タイトルリストはこちら

    ※電子図書館の利用には図書館発行のIDが必要です。窓口で申請してください。

    ・『新日本古典文学大系』(岩波書店)・『現代史資料』全45冊・続12冊(みすず書房)

    71タイトル(128冊) MARUZEN eBook Libraryより閲覧可能 

    タイトルリストはこちら

    ・自然科学・スポーツ・音楽等の辞典類を含む人間開発学部関連洋図書34タイトル(52冊) 

    GVRLより閲覧可能 タイトルリストはこちら

     

    2.データベース

    Financial Times Archives Online. Supplement 2011-2016

    すでに「Financial Times Historical Archive 1888-2010」を運営していますが、2016年までのアーカイブが閲覧可能となりました。

    ※2010年部分の不具合は解消しました。6/18up

    地方自治関係資料1974-2015 オンライン版

    1974年に創設された地方自治総合研究所(略称 自治総研)の40年以上に及ぶ諸活動の成果物を集成するデータベースです。以下の5部門で構成されています。

    通産政策史資料 オンライン版

    2012年9月、経済産業研究所より国立公文書館つくば分館に移管された「商工政策史・通商産業政策史関係収集資料」を中核とする一次史料、編纂された書籍(正史)、関係者だけに配布され入手が困難な公報紙などを含む関係編纂資料の3部門から成るデータベースで、明治以来の日本の経済史・経営史・政治史の研究に不可欠な資料です。

  • 電子書籍・データベースの追加について 1/18up

    以下の電子書籍とデータベースを追加しました。

    1. 電子書籍

     2. データベース

    収録内容

    『日本運動具新報』創刊~595号全606号(1948年3月~1972年7月)
    『シンポウ』596~784号全188号(1972年8月~1978年3月)
    『スポーツ産業新報』785~880号全95号(1978年4月~1981年3月)
     約900号をデータベース化し、 約10万件の見出しとキーワードからの検索、および 広告ページについては広告主についても検索が可能となっています。

  • 國學院大學図書館への資料の寄贈について 7/12up

    國學院大學図書館では、図書等資料の寄贈を受け付けております。しかし、収蔵スペース狭隘化等の事情により、以下の項目にご了解いただけることを条件とさせていただきます。

     1.寄贈資料受け入れの基準

    ① 図書館に所蔵がない資料

    *事前に國學院大學図書館ウェブサイト上の蔵書検索(OPAC)にて所蔵の有無をご確認ください。

    ②原則、個人的な作品(自伝、小説等)、趣味・娯楽・実用書、特定の個人・団体を宣伝する内容の資料は受け入れません。

    *社史、神社関係史料、地方史等はこの限りではありません。

    *本学関係者(教職員・院友)の著作については、別途ご相談ください。

     

    2.寄贈資料の扱い

    ① ご寄贈いただいた資料についての受入可否判断、及び資料に関する以後の取り扱いについては、図書館に一任させていただきます。

    *受入可否の判断結果はご連絡いたしません。

    ② 受け入れた資料は、主題・内容等により、渋谷・たまプラーザ図書館のどちらかに配置します。

    ③ 受け入れしないと判断した資料は、原則として返却いたしません。

    *返却を希望される場合は「資料寄贈申込書」にその旨明記してください。なお、返却に要する送料は、恐縮ではございますが寄贈者負担(着払い)とさせていただきます。

    ④ 受け入れた資料が配架されるまで、手続きに数か月を要します。

    ⑤ 寄贈に対するお礼状については、原則として省略させていただきます。

     

    3.寄贈手順

    ① 上記1、2をご了解いただいた上でご寄贈くださる場合は、下記連絡先までご郵送ください。送料は寄贈者負担でお願いいたします。直接図書館へお持込いただくことも可能です。

    ② 「資料寄贈申込書」を資料に添付してください。

    *事前連絡もしくは「資料寄贈申込書」の添付なしにご送付いただいた場合は、上記1および2を適用するものとします。

     

    4.寄贈資料が大量となる場合

    ① 寄贈対象資料が大量となる場合は、事前に担当窓口までご連絡ください。

    *資料のリスト(資料名・発行年月日・出版社名等を明記した一覧表)をお送りいただけると幸いです。

    ② 搬送費用等はご負担いただく可能性がございます。

     

    ◎ 「資料寄贈申込書」はこちらからダウンロードしてください。

     

    寄贈担当窓口

     國學院大學学術メディアセンター事務部図書館事務課 寄贈担当

     〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28 ℡03-5466-0905

     

     國學院大學たまプラーザ図書館 寄贈担当

     〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1 ℡045-904-7738

  • 貸出資料の遅延について

    遅延については、「國學院大學図書館利用規則」 第十八条 に則り対応します。

    「國學院大學図書館利用規則」 

    第六章 処分・措置

    第十六条
     図書館の資料を紛失、又は文字・記号・傍線等の記入、若しくは汚損・毀損を加えた者、及び図書館設備に損害を加えた者に対しては、図書館長はこれを弁償させることができる。但し、情状によつては、弁償を軽減又は免除することができる。
    第十七条
     前条の中、更に必要ある時は、図書館長は学則第九十三条・第九十四条によつて、別途の処分に移すことができる。
    第十八条
     期間内に資料を返却しない者には督促をする。二回以上の督促を受けても資料を返却しない者には、図書館の利用の停止、若しくは前条の処分に移すことができる。
    第十九条
     その他図書館利用規則にしたがわず館内秩序をみだした者に対しては、直ちに退館を命じ、或は図書館の利用を停止する。

このページに対するお問い合せ先: 図書館事務課

MENU