ニュージーランド・クライストチャーチ工科大学 (English + Volunteer Work Programme)

2019年5月24日更新

以下は平成31年度プログラムの内容です。参考情報としてお使いください。


セメスター留学は、4カ月間海外の協定校で、語学運用能力を高めるプログラムに参加するものです。
留学先での在学期間と取得単位を、本学における修業年限と要卒単位に算入することができます。
國學院大学では、平成31年度にセメスター留学をニュージーランド・クライストチャーチ工科大学で行います。

ニュージーランド・クライストチャーチ工科大学 (English + Volunteer Work Programme)

Ara Institute of Canterbury(クライストチャーチ工科大学)

Ara Institute of Canterburyはニュージーランドの国立の工科大学で、メインキャンパスは南島最大の都市Christchurchに位置します。キャンパスには、カフェやレストラン、書店、トレーニングジム、体育館、医療センター、キャリアセンター、図書館などの、学習体験を充実させるための様々な施設があります。
学生数は2万5000人で、そのうち約7%が50を超える国々からの留学生です。
現在、ニュージーランド国内には”ITP(Institutes of Technology and Polytechnics)”と呼ばれる18の国立工科大学・ポリテクニックがあり、それぞれの学校が産業界と密接に連携をとり、幅広い分野で職業に関する専門知識と応用技術を身につける教育を実施しています。

Christchurch 地域の気候は下記のとおりです。

 

Christchurch

東京

平均最高気温

平均最低気温

平均降雨量

平均最高気温

平均最低気温

平均降雨量

9

14.6°C

4°C

34.8 mm

27°C

20°C

180.3 mm

10

16.9°C

6.1°C

75.2 mm

21°C

14°C

165.1 mm

11

19°C

8.1°C

158.2 mm

16°C

9°C

88.9 mm

12

20.9°C

10.6°C

190.0 mm

12°C

4°C

45.7 mm

2)English + Volunteer Work Programme

Ara Institute of Canterbury(クライストチャーチ工科大学)の英語プログラムは、世界中から集まる留学生を対象に様々なレベルの講座を提供しています。
Language Self Access Centre(外国語自習施設)や図書館などを利用しながら、多様な留学生とともに英語コミュニケーション力を向上させます。
プログラムの後半(Second Half)では、週に8時間以上のボランティアに参加し、実際の職場で英語コミュニケーションを実践し、将来の就業にも備えます。
プログラム参加者はホストファミリー宅に滞在し、生活します。日本語が通じない家族に囲まれて生活することで、ニュージーランドの文化理解を促進し、英語力の向上も目指します。

スケジュール

〈参考〉

平成31年2月14日

募集開始

2月14日

参加説明会

3月8日

募集締切

5月~7月

渡航準備(留学ビザ取得、準備勉強会、他)

8月17日

Ara Institute of Canterbury(ニュージーランド・クライストチャーチ)へ向け出発

(出発日は若干前後する可能性があります。)

8月19日~同12月20日

Ara Institute of Canterburyでプログラムに参加(18週間)

令和2年1月

國學院大學で単位認定申請

3月

國學院大學で単位認定終了

引率者

このセメスター留学実施に際し、本学からの教職員引率はありません。
したがって、生活・学習についての指導は直接Ara Institute of Canterburyのスタッフから受けることになります。

参加費(目安)

参加費(31年度): 約160万円(NZ$1=85円を想定)
(内訳の目安)   外貨 レート 邦貨
Ara Instituteでの授業料、登録料、ニュージーランドでの保険料、他 NZ$7,816.00 85 ¥665,000
ホームステイ費、食事費 NZ$4,710.00 85 ¥400,350
航空券     ¥200,000
海外旅行傷害保険、等     ¥60,000
その他の食事、バス、等     ¥240,000
事前語学研修費、TOEIC受講料     ¥35,000
  ¥1,600,000
 上記は、平成31年度での予定金額であり、今後変更の場合があります。特に、外貨レートの変更により納入額が影響を受ける可能性があります。
 上記以外に現地で予想される大きな費用は下記のとおりです。
  + 教科書代: $500
  + 雑費(含、小遣い)
 國學院大學からセメスター留学参加者に一律最大35万円の助成を予定しています。國學院大學への支払い方法、支払い時期、参加費助成申請方法については、参加申込者にお知らせします。

English + Volunteer Work programme

  • 1) 受講モデル

    留学開始時の英語レベル等により、参加授業が異なる可能性があります。

    〈参考〉下記は受講のモデルとしてお考えください。

    (First Half)2019年8月19日~9月27日

      Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday
    9:00–12:00 General English (Intermediate)
    12:00–13:00 LUNCH
    13:00–15:00 General English (Intermediate)

    (Second Half)2019年9月30日~12月20日

      Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday
    9:00–12:00 General English (Upper-Intermediate)
    12:00–13:00 LUNCH
    13:00– Volunteer Work (More than 72 hours) 
  • 2) 履修授業(予定)
      First Half Second Half
    Morning Courses General English / Intermediate (132 hours per session):
    On completion of this course the student will be able to
    1 LISTENING: show they can generally understand extended speech and lines of argument in familiar situations
    2 SPEAKING: communicate with some fluency and spontaneity with English and take part in discussions where a viewpoint is required
    3 READING: read some articles and reports on familiar contemporary issues and understand the writer’s view point
    4 WRITING: write reasonably clear, detailed text on a wide range of subjects and give personal views on particular familiar topics
    5 GRAMMAR: show they can use grammatical structure to post PET/pre FCE level
    6 VOCABULARY: understand and use vocabulary and phrases at post PET/pre FCE level
    7 PRONUNCIATION: generally be well understood by a listener in familiar and less familiar situations
    8 New Zealand CONTENT: show an understanding of N.Z. culture at this level
    9 Social & Environmental Issues based CONTENT: show an understanding of social and environmental issues.
    General English / Upper Intermediate (152 hours per session):
    On completion of this course, the student will be able to
    1 LISTENING: show an understanding of most extended spoken language at native speaker speed in some situations
    2 SPEAKING: communicate fluently and spontaneously for social, academic and some professional purposes
    3 READING: show an understanding of long and complex factual and literary texts
    4 WRITING: write clear, accurate well-structured text including discursive essays in an appropriative style
    5 GRAMMAR: show they can understand and use more complex grammatical structures at Cambridge First Certificate level.
    6 VOCABULARY: show they can understand and use a wide-range of vocabulary at Cambridge First Certificate level
    7 PRONUNCIATION: be understood by most listeners with occasional interference from their own language.
    Afternoon Courses

    General English / Intermediate

     

     

     

     

     

    Volunteer Work (more than 72 hours per session):
    Volunteer positions in the Christchurch community will be arranged in the fields such as followings:
    +Caring for the elderly                +Retail and gardening
    +Helping in Schools +Tourism
    +Office work
  • 3) 単位認定のモデル

    下記はモデルであり、実際の単位認定は履修時間、授業レベル、所属学科等により異なります。

    留学先での履修科目 本学での認定モデル
    科目名 時間数 種別 認定単位 科目名 単位数 備考

    General English: Intermediate

    到達目標レベル:CEFR B2

     

     

     

     

     

    132 6週 8

    発展英語(留学)

    2 いずれかの組み合わせで8単位まで

     

     

     

     

     

    発展英語(留学) 2
    発展英語(留学) 2
    発展英語(留学) 2

    発展英語(留学)

    2

    発展英語(留学)

    2

    英語演習 IIB ※外国語文化学科学生のみ

    2

    英語表現 B ※外国語文化学科の学生のみ

    2

    General English: Upper-Intermediate 到達目標レベル:CEFR C1 152 12週 10

    発展英語(留学)

    2

    いずれかの組み合わせで10単位まで

    発展英語(留学)

    2

    発展英語(留学)

    2

    発展英語(留学)

    2

    発展英語(留学)

    2

    Select English Ⅱ ※外国語文化学科の学生のみ

    2

    英語コミュニケーション演習B 
    ※外国語文化学科の学生のみ(3・4年)

    2

    Volunteer Work Placement

    72

    9週 0

    (単位認定なし)

       

留学中の生活について

現地での住居
 ・ホストファミリー宅に宿泊
 ・ホストファミリー宅では1人部屋
 ・キャンパスまでの交通費は自己負担

食事
 ・朝食、夕食はホストファミリー宅で食事。昼食は自分で調達

課外活動
 ・Fitness
 ・Student Night (Cultural Exchange Event)
 ・Excursions

このページに対するお問い合せ先: 国際交流課

MENU