研究教育開発推進に関する指針

2008年10月24日更新

平成20年4月1日

〔研究教育開発推進に関する宣言〕
 國學院大學は、建学の精神である「神道精神」に基づく研究教育を更に創造的に発展させ、主体性・独自性を保持しつつ、国際社会での協調・共生体制を構築し、学術研究及び教育を通して日本社会の発展と世界の平和に貢献する。
 本学は、「伝統と創造」「個性と共生」「地域性と国際性」の調和を研究教育における基本方針と定め、日本人としての自覚と教養を身につけ、自立した個性を有し、より良き日本社会と世界の形成に尽力できる意思と能力を持つ人材を育成することを目標とする。また、研究教育における成果を広く社会に還元するとともに、研究教育の質的向上を不断に図り、具体的施策を立案・実施・検証する体制を構築し、その推進に当たることを宣言する。

〔教職員の倫理と行動の綱領〕
 以上の使命を達成するため、本学は21世紀における研究教育の開発推進と人材育成という大学に求められる要請に真摯に向き合い、その負託に応えるべく公正性と信頼性を確保し、社会的責任を自覚し、研究教育活動に携わる者の倫理と行動の綱領を示すこととする。

  • 日本の伝統・文化の継承と創造的発展に努める
  • 建学の精神と大学の名誉を重んじ、教職員として自覚ある行動をとる
  • 人格・人権は相互に尊重する
  • 法令及び学内規程等を遵守する
  • 常に自己研鑽に努め、校務に最善を尽くす
  • 積極的に社会活動に参画するよう努める
  • 大学の資産及び公的資金は、適正に取り扱う

このページに対するお問い合せ先: 國學院大學

MENU