笹田 弥生

准教授

笹田 弥生

ササダ ヤヨイ

専門分野
体育学、器械運動、体操競技、運動方法、コーチング
本学就任
2013年04月01日
担当教科
指導法実習表現系1(体操)、運動方法基礎実習表現系1(体操)、導入基礎演習、保育表現技術(身体表現)、体育概説(実技を含む)、演習(人間開発学部)、演習・卒業論文(人間開発学部)、総合講座(集団宿泊研修)

著書・論文紹介

リオデジャネイロオリンピックを2年後に控えた2014年世界体操競技選手権大会が中国南寧で開催された。今大会よりオリンピック前年の世界選手権大会へ出場できる24ヶ国が選考される。2015年世界選手権では、まず上位8位までの国にリオ団体出場権が与えられる。残り4ヶ国はオリンピック開催年2016年4月のテストイベントで最終決定される。日本女子は、最も早い前年にリオ団体出場権を獲得したい。ロンドンオリンピック以来、2年ぶり新ルールで行われた団体戦において、日本女子と世界トップの国々との得点上の比較をし、2015年世界選手権でオリンピック団体出場権を獲得するためのルールから見た強化策を考える。

体操競技は、オリンピックサイクルごとに採点規則(ルール)が見直される。オリンピックが終了すると次のオリンピックに向けて新しいルールが発表される。ルールが変われば、選手は演技内容をルールに合わせて変更する。ルールの変更によって、どのように得点が変化するのか。採点競技であるための体操では、得点が高い方が競技力が高いとみなされる。国際レベルでのトップの国々と日本女子の得点の比較から、競技力向上への施策を探る。

ヒトの運動能力には性差があり、幼い子どもでも同様なことが確認されている。岡山県内A幼稚園における3,4,5歳児の25m走・立ち幅跳び・テニスボール投げの1993年と2012年の測定結果の比較の報告。1993年2012年ともに、5歳男児の25m走・立ち幅跳びの記録が女児より優り、テニスボール投げは、男児の記録の方が3,4,5歳児の両年すべての年齢において女児より高値を示した。身体特性で有意な性差があるのは、2012年の5歳児の身長の男女差のみであり、体格による経年変化は特にない。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

専任1年が過ぎ、子ども支援学科新2年生とともに2年生になりました。
今年の私の課題は、本をたくさん読むことです。子ども支援学科完成年度に向け、私自身も研究者・教育者としてもっともっと成長できるよう日々努力します。まだまだ未熟者です。先生方からはもちろんのこと、若い学生さんからも学ばせて頂きます。どうぞよろしくお願いします。

MENU