准教授

稲垣 浩

イナガキ ヒロシ

専門分野
行政学・地方自治論
本学就任
2015年04月01日
担当教科
行政学A、行政学、行政学B、フィールドワーク(自治体政策の研究)、演習1、演習(4)、演習2、地方自治論A、地方自治、地方自治論B、基礎演習B、基礎演習、教養総合演習(戦後日本の政治と行政)、行政学研究(講義)

著書・論文紹介

本書の内容を踏まえて、本文中で使用される「ローカル・ガバナンス」をという枠組みのこれまでの研究で使用されてきた概念との異同、共同研究におけるガバナンスのあり方について指摘した。

府県における組織制度と人事制度が、戦前・戦後における中央地方関係の変化や地方自治官庁、個別省庁、公選知事化の府県行政の三者の関係の中でどのように変化したのか考察した。

博士学位論文を加筆・削除・修正したものである。地方自治法第158条をはじめとする府県の局部組織関連法制度の形成過程と、実際の府県における組織編成の過程とその変遷について歴史的に考察した。前者については、複雑な省庁間関係や国府県関係の影響から、府県にとって不確実性の高い法制度となったことを明らかにした。後者については、1970年代における府県の組織改革の過程を検証し、国や他府県など外部の動向に配慮しつつ組織を編成するなど、自ら制約的に組織を編成しようとする特徴を明らかにした。2016年日本公共政策学会学会賞(奨励賞)受賞

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

「神は細部に宿る」といいます。「知る」チャンスはそこらじゅうに転がっています。 昨日までの視線を少し変えて、街に出てみましょう。

MENU