教授

谷口 康浩

タニグチ ヤスヒロ

専門分野
日本先史考古学
本学就任
2007年04月01日
担当教科
史学基礎演習B、史学展開演習(考古学)、史学基礎演習C、史学展開演習1(考古学)、史学展開演習(考古学)、史学展開演習2(考古学)、考古学調査法、史学応用演習(考古学)、史学導入演習、史学基礎演習A、卒業論文、卒業論文(1次題目)、前期課程・日本考古学研究1(演習)、前期課程・理論考古学研究1(演習)、前期課程・考古学特論A(講義)、前期課程・考古学実習A(実習)、前期課程・考古学実習B(実習)、後期課程・日本考古学特殊研究(演習)

著書・論文紹介

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

ゼミについて
縄文文化についての優れた研究論文を読みながら、先史考古学の資料、考え方、研究法を基礎から学ぶ場です。演習発表と討論を通して、論文を読み理解する力やプレゼンテーションのスキルを磨き、それらの力を自分自身の卒業論文の研究構想へとつなげてもらうことが、私のゼミの目標です。    

研究について
専攻分野は先史考古学、とくに縄文文化の研究。縄文時代は日本固有の生活文化の原型と地域的な多様性が形づくられた時代です。縄文時代の考古学は、縄文土器の型式編年や個々の遺物研究が主流であった初期の段階を過ぎ、生態・技術・経済・社会・イデオロギーなどの領域へと研究を深化させてきました。「縄文文化とは何か」というテーマを総合的に追究しながら、日本の先史時代の特質について研究しています。

受験生や学生に一言
考古学を学びたいのなら机上の勉強だけでは駄目です。考古学の研究資料は、遺跡やそこから出土するさまざまな物質資料です。出土遺物をじっくり観察したり、遺跡の発掘調査に参加して、資料の見方や必要な情報の集め方を知り、考古学の研究法・思考法を実践的に学びとっていくことが大切です。國學院の考古学コースは実際にそれができるカリキュラムを用意していますから、考古学を基礎から学べます。

MENU