教授

野中 哲照

ノナカ テッショウ

専門分野
日本中世文学
本学就任
2015年04月01日
担当教科
日本文学演習1(4)、日本文学基礎演習、日本文学演習2(4)、日本文学演習3(4)、日本文学講読1、日本文学講読(4)、日本文学講読2、日本文学概説1、日本文学概説(2)、日本文学概説2、卒業論文、前期課程・日本中世文学研究1(演習)、後期課程・日本中世文学特殊研究1(演習)

著書・論文紹介

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

中世の軍記文学が専門です。
 わたくしの大学時代の恩師は『平家物語』をこよなく愛された先生でしたが、「『平家物語』だけを見ていては、『平家物語』のことはわからない」とおっしゃっていました。その先生は、平安期の『将門記』から戦国軍記まで広く見渡すことを心がけていらっしゃったのです。その影響をうけて、わたくしも、できるだけ広く軍記を見ようと考えています。ジャンルでいうと、軍記だけでなく、『大鏡』『今鏡』『愚管抄』『水鏡』『増鏡』のような歴史叙述にも関心をもっておりますし、近年では、文学の世界から飛び越えて、歴史学、考古学、民俗
学、宗教学などからも多くを学ばせていただくようになってきました。
 『平家物語』だけを見ていては、『平家物語』のことはわからない。
 軍記だけを見ていては、軍記のことはわからない。
 文学だけを見ていては、文学のことはわからない。
 人間だけを見ていては、人間のことはわからない。
…ということなのでしょう。
 とくに若いうちは、小さな専門領域に閉じこもらずに、広く大きく学びましょう。

MENU