NEWS

冬季休暇中の注意事項について

  • 在学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月27日更新

年末年始を迎えるにあたり、以下のとおり、大学から諸注意をお伝えします。
本学学生としての自覚をもち、法令順守のうえ、学生として良識ある行動を常に心がけてください。
 

(1)SNSについて

長期休暇期間中は、SNSを利用する機会が、特に増えます。SNSは、適正に利用している限りでは問題のあるものではありませんが、「おもしろいから」、「友人とのノリで」発信した内容が、他人に迷惑をかけたり、自身や友人に被害が及ぶ事態を引き起こしたりする等、トラブルの元になることがあります。
安易な書き込みや画像のアップはしないでください。いったん発信した情報は、自身の意思に関わらず、コピーされ拡散される可能性があります。特に、自身や友人の個人情報を不用意に漏らさないようにしてください。たとえ匿名で利用していても、個人は容易に特定されます。
仮に鍵アカウントとしても、漏洩ないとは限りません。誰に向けたものか、その内容が誰かに迷惑をかけることにならないか、よく吟味したうえで発信するようにしてください。
 

(2)飲酒について

年末・年始は、忘年会や新年会等、飲酒を伴う機会が増えます。ルール・マナーを守っている限りでは、親族や友人を囲んだ楽しい場となりますが、気の緩みや、周囲の雰囲気に引きずられた結果、法律に違反したり、自身や周囲を不幸に陥れたりする可能性があります。
飲酒運転、未成年の飲酒は、絶対にやめてください。法律で禁止されています。
また、過度な飲酒、一気飲み等の危険行為は、重大な事故や事件を引き起こす可能性があります。飲酒の強要はやめてください。
 

(3)薬物について

最近、大麻等の薬物所持について、新聞テレビ等でたびたび報道されています。大麻や覚せい剤、「脱法ドラッグ」と呼ばれる違法ドラッグを含む薬物の取り扱いは、法律で禁止または制限されており、これに違反した場合には、厳しく罰せられます。
禁止薬物の乱用は、自身の健康を蝕むだけでなく、精神をも侵し、さらには一生を台無しにするという悲惨な結果を引き起こします。
薬物乱用の恐ろしさを十分に認識し、絶対に手を出さないでください。海外に渡航した際も、誘惑には負けないでください。
 

(4)海外渡航について

昨今の海外情勢を受けて、海外に渡航・滞在する際には、常に安全確保に努めてください。
なお、テロ等が既に発生もしくは今後発生する危険性の高い地域においては、直ちに国外等の安全な地域へ退避するよう強く勧告がなされています。こうした地域への渡航を予定している場合は、渡航先や渡航時期の変更をお願いします。
詳細については、渡航先の国・地域の最新情報を参照してください。
外務省 海外安全ホームページ
また、危険情報が発出されていない地域等であっても、外務省が実施している渡航登録サービス「たびレジ」に必ず登録し、最新の情報収集を行ってください。
外務省 渡航登録サービス「たびレジ」
 なお、帰国後に体調がすぐれない場合には、すみやかに医療機関を受診するようにしてください。

                                                   國學院大學

このページに対するお問い合せ先: 学生生活課

MENU