EVENT

終了

映画上映会・講演会「人・社・祭―文化風土の記録」

  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月16日更新

上映会初春の田遊びチラシ

本学環境教育研究プロジェクトでは、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団と共催で公開講座を開催いたします。7年目を迎える今年度は「人・社・祭―文化風土の記録」と題し、映画上映・講演会を開催する予定です。事前申込不要、参加費無料となっていますので、奮ってご参加ください。

日時 1月24日(土)14:00開演(開場13:30)16:30終了予定
会場 國學院大學 渋谷キャンパス 2号館1階2104教室
テーマ 人・社・祭―文化風土の記録
特集 「初春の田遊び」
上映映像 映画上映

[1]「新野の雪祭り-神々と里人たちの宴-」【長野県】
(ポーラ伝統文化振興財団 昭和56年制作30分)
天龍川中流域の村々は、柳田國男をはじめ折口信夫、早川孝太郎などの調査研究から民俗芸能研究のふるさとと呼ばれる。中世芸能・田楽を伝える小正月の「雪祭り」では、最後に太鼓の上に稲をのせ田唄を歌い囃す。

[2]「白鬚神社の田楽」【佐賀県】(佐賀市教育委員会 制作40分)
佐賀市久保泉町大字川久保の白鬚神社の10月18・19日の祭礼に奉納される芸能で、田楽の古風を残し、田楽芸能の変遷過程を知る上で特に重要なものとされている。

[3]「おんだ祭の諸相と世界観」(國學院大學 平成19年制作40分)
稲作の豊作予祝である田遊びは、稲作の作業行程を神事として演じた後に、翁・媼の性的な所作などが伴って、稲種を赤児の姿に見立て囃すことで、豊作が約束される

解説  茂木 栄(國學院大學教授)

申込 不要
定員 150名

 

 

 

このページに対するお問い合せ先: 神道文化学部 茂木栄研究室

MENU