准教授

髙屋 景一

タカヤ ケイイチ

専門分野
教育哲学、教育思想史、カリキュラム論
本学就任
2009年04月01日
担当教科
外国文学2(米)、人間と社会(教育哲学と教育の諸問題)、社会のなかの人間133、人間と社会(アメリカ教育の基礎)、社会のなかの人間136、英語演習1、英語文献演習1、外国語文化基礎演習、卒業論文、English 2(R&W)

ゼミ・研究会を見る

著書・論文紹介

カナダ、イギリス、香港、インド、イタリア、日本、メキシコの研究者による、若者の政治・社会問題に対する無関心についての比較研究。各国の歴史的・制度的背景などを含む。第7章の日本編を担当。 In this book, the authors explore the apparent decline in youth civic engagement through research studies conducted in seven societies/nations with varied experiences with democracy. This work is framed within a youth civic engagement model. Each subsequent chapter presents the findings for each nation, along with contextual and historical discussions of citizenship education. This book explores the findings in Canada, England, Hong Kong, India, Italy, Japan, and Mexico.

様々な学問的トピックに関する基礎資料の解説を集成した総合的なレファレンス Oxford Bibliographies の Childhood Studies セクションに収録された、アメリカの心理学者・認知科学者・教育者ジェローム・ブルーナーに関する資料。Oxford Bibliographies については以下を参照: Oxford Bibliographies provides faculty and students alike with a seamless pathway to the most accurate and reliable resources for a variety of academic topics. Every article in our database is an authoritative guide to the current scholarship, written and reviewed by academic experts, with original commentary and annotations. (http://www.oxfordbibliographies.com/obo/page/about)

生徒がポートフォリオの作成を通し、特定の学習テーマを「継続的」に追求する。「知識の源には人間の想像力や感情がある」という理念のもと、「広さ」に偏重してきた従来の学校教育を批判、知識の「深さ」を志向する学習プログラムによる補完を提案する。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

ことばは時間をかければ必ずできるようになります。また,勉強の仕方を工夫すれば,ただ時間をかけるだけの勉強よりも楽しく効果的に習得できます。自分がどのような目的で,どのような,またはどの程度の英語を学びたいのかよく考えて,自分なりの勉強法を考えてください。

MENU