図書館司書・学校図書館司書教諭課程

2020年4月24日更新

司書とは

司書とは各種の図書館で、また司書教諭とは小・中・高の学校図書館で専門的職務に従事する職員のことです。
資格について、司書は「図書館法施行規則」、司書教諭は「学校図書館司書教諭講習規程」に規定され、本課程ではこの2つの資格取得に必要な講習科目を教え、司書および司書教諭の資格を付与することを目的としています。

※法改正に伴い、司書養成課程のカリキュラムを変更しています。平成22年度、平成23年度入学者は、下記のお知らせを確認してください。

図書館司書課程の教育理念と教育目的

本課程では図書館の専門的職員である司書を養成します。生涯学習社会の実現のため、図書館の役割が重要になってきました。地域の公共図書館で働く司書を養成するとともに、国立国会図書館、大学図書館、専門図書館などの専門職として生かせる資質も養成します。最近では、大型書店、書籍流通業、情報産業でも司書資格を求める傾向が見られます。図書館資料と学術情報の選択収集・組織化・保存・利用に関する専門知識と技術の習得が中心となりますが、情報社会のスペシャリストとしての資質の養成も視野にいれています。

学校図書館司書教諭課程の教育理念と教育目的

本課程では学校図書館の専門的な職務を行う学校図書館司書教諭を養成します。司書教諭は、教科を担当できる教諭であるとともに、メディア・リソーセス・センターとしての学校図書館を運営管理して、児童生徒の読書活動と情報活用能力の育成を図り、教師の教育活動を支援します。情報化社会を生き抜く子どもたちの豊かな心と問題解決能力を育む司書教諭を養成します。なお、履修するためには教職課程を受講しなければなりません。司書教諭資格は教員免許取得後に有効になります。

図書館司書・学校図書館司書教諭課程をこれから始める人へ

新規に図書館司書及び学校図書館司書教諭課程の受講を希望する場合は、履修登録期間中にK-SMAPYⅡの[希望資格登録の設定]画面の[資格]欄で[図書館司書及び学校図書館司書教諭]を選択して登録し、受講開始年度の前年度の11月頃に実施を予定している選抜試験に合格する必要があります。

なお、令和2年度から受講を開始するにあたっての選抜試験は、令和元年11月に終了しています。そのため、令和3年度から受講を開始するためには、令和2年11月頃に実施を予定している選抜試験を受験してください。詳細は令和2年11月上旬にホームページ及びK-SMAPYⅡの掲示機能でお知らせします。合格者は令和3年度の履修登録時に[図書館司書及び学校図書館司書教諭]を登録することができます。

※選抜試験の方法は、図書館司書課程は筆記試験、学校図書館司書教諭課程は面接試験となります。また、過去問題はこのページの最後に掲載しています。

資格課程費について

2年生以上の学生で新規に資格課程の受講を開始する場合は、以下のとおり資格課程費を納入する必要がありますので、ご注意ください。

  • 資格課程費について
    資格課程1種類の受講につき20,000円です。また、同資格課程の納付は在学中1回のみとなります。
  • 令和2年度の資格課程費の納付について
    資格課程を選択している学生で課程費の納付が必要な方を対象に、5月19日(火)から随時、K-SMAPYⅡの掲示機能を使用して資格課程費の納付に関する通知をいたします。この通知に従って、定められた期限までに必要金額を納付してください。

 

図書館司書課程

学校図書館司書教諭課程

令和2年度の学校図書館司書教諭〈修了証〉の申請についてのお知らせをいたします。

詳細について、卒業生の方は、以下の「(卒業生向け)令和2年度 学校図書館司書教諭講習「修了証書」申請手続きについてのお知らせ」をご確認ください。お申し込みの際は、以下のファイルから申込書をダウンロードしていただき、必要事項を記入のうえ、期日までにお申し込みください。

在学生の方は、以下の「(学部4年生向け)令和2年度 学校図書館司書教諭講習修了証書申請手続きについて」をご確認ください。

対象者の方には、別途大学からお知らせをお送りいたします。詳細についてはそちらをご確認ください。

このページに対するお問い合せ先: 教学事務部教務課

MENU