健康コラム&ニュース

2016年11月15日更新

2017年度 健康コラム&ニュース

2016年度 健康コラム&ニュース

4月に健康診断を行った際の問診の集計結果として、朝食摂取状況をまとめております。
管理栄養士の福田氏からの夏休み期間中の過ごし方についてのコメントもありましたが、参考にされましたでしょうか。
季節を問わず、折に触れて体調を確認しつつ、朝食の摂り方について振り返ってみてください。

2015年度 健康コラム&ニュース

2016年2月現在、インフルエンザの患者数が急速に増加しているため、東京都・神奈川県等において「流行警報」が発表されています。
現在は授業期間ではありませんが、合宿・旅行等 外出する機会も多い時期です。
予防策を取るとともに、感染が疑われる場合には 早めに医療機関を受診し、拡大防止にも心がけてください。

≪2015年 学生部企画 禁煙・防煙講演会≫

5月31日は「世界禁煙デー」です。
また、5月31日~6月6日は「禁煙週間」です。
  禁煙週間のテーマ:2020年、スモークフリーの国を目指して。 ~東京オリンピック・パラリンピックに向けて~

さて、『スモーク フリー』という言葉について、もうご存知の方も多いと思いますが、『タバコの煙のない、タバコの煙から解放された環境』のことです。
   「○○-free」というのは「○○無し」とか「○○抜き」という意味です。
   例えば、「fat-free」なんて牛乳に書いてあれば「脂肪分抜き」という意味ですし、「ストレスフリー(stress-free)な生活」 「バリアフリー(Barrier free)の社会」などは、耳にしたり、使ったりしていませんか?
  それでは 「スモーク フリー(smoke-free)」 は…?
    一瞬、「喫煙がフリー(自由)…?…自由に喫煙をしてもいいのかな?」などと思ってしまうかもしれませんが、この機会に正しい意味を心に隅に留めておいてください。

また、タバコ(受動喫煙を含め)が 身体機能に悪影響を及ぼすことはよく知られています。
禁煙週間のテーマは、日本国内にとどまらず世界にスモークフリーの意思をアピールしています。
選手や観戦客が煙のない社会・環境で安心して競技ができ、観戦できること。それも、大事なおもてなしになるのだと思います。
大きなテーマで、いまいち実感がわかないかもしれませんが、
  喫煙者が、タバコを喫わないところから始まります。
  非喫煙者が、禁煙をサポートするところ、最初の1本を喫わないところから始まります。
そして、そんな禁煙の糸口を探りつつ、一緒に『スモークフリー』を目指しませんか?

2014年度 健康コラム&ニュース

〔緊急告知〕感染症に注意してください

10月に入って寒さも厳しくなり、インフルエンザなど感染症が流行する季節となりました。
予防対策として、「手洗い・うがい」を常に心がけてください。
他にもノロウイルスなど様々な感染症の流行が予想されます。感染症についての正しい認識を持ち、予防対策をとりましょう。

感染症により、予防接種や咳エチケット等 有効な対策はありますが、「手洗い・うがい」が最も有効です。
流水・石鹸で手を洗えない場合は、手指に刷り込むタイプのアルコール製剤の使用でも、ある程度の効果はあります。

発展途上国に渡航をした場合は、特に注意してください。
少なくとも帰国後6か月間は感染症による発症の可能性があります。
下痢などの胃腸症状、皮膚の異常、咳、発熱等があった場合には、放置せず必ず医療機関へ受診してください。
なお、受診時には必ず海外に渡航した旨を伝えてください。

感染症別予防対策について、下記をご参照ください。

【朝食力プロジェクトの報告】

4月の健康診断の際に、皆様からご協力いただいたアンケートの結果をご報告いたします。
また、学生部企画として下記の通りポスター掲示にて結果を確認いただくことができます。
(下記以降も1週間程度延期して掲示をいたします。ぜひ1度ご確認ください)
  渋谷キャンパス    /7月3日(木)3号館1階南側
  たまプラーザキャンパス/7月10日(木)1号館1階保健室前
ご質問・ご相談等ありましたら、近くに待機をしている保健室スタッフ等にお気軽にお問い合わせください。

なお、4月より渋谷キャンパスのメモリアルレストラン【3号館2階】では、『150円朝食』を提供しています。
(本当は300円のメニュー!! 学生の生活・健康のサポートとして、大学から150円を補助しています)
4種類のセットがあるので、和食・洋食どちらもOK!栄養バランスの整ったもの・軽食程度のものきっと皆さんに合った朝食を選ぶことができます。
(朝食提供時間は、8:00~9:30)

國學院で朝食を!!そして、1日の元気をしっかりチャージしませんか?

このページに対するお問い合せ先: 学生生活課 保健室

MENU