グローバル・チャレンジ・プログラム

2018年5月29日更新

グローバル・チャレンジ・プログラム概要

グローバル・チャレンジ・プログラムは、日本文化を世界に発信できる知識と技能を身につけた、國學院大學にふさわしいグローバル人材の基礎力を獲得するためのプログラムです。日本文化に関する基礎科目で単位を取得のうえ、語学力、海外留学、海外渡航経験、国内での国際交流活動で指定されたグローバル・チャレンジ・ポイントを取得し、卒業時までに合計8ポイント以上を獲得した学生には、「グローバル・チャレンジ・プログラム」のプログラム修了証が交付されます。

グローバル・チャレンジ・プログラムに挑戦する場合は、登録する必要があります。登録は国際交流課において随時受け付けております。詳細は国際交流課で確認してください。

 

  • G.C.P.ワークショップ(※終了しました※)

    G.C.P.ワークショップ

    ※終了しました※
    グローバル・チャレンジ・プログラム(G.C.P.)の途中経過を確認する「G.C.P.ワークショップ」を行います。 
    対 象: G.C.P.登録済みの学生 
    内 容:  ・これまでの国際交流活動を振り返りグローバル・チャレンジ・ポイントを確認します。
          ・留学報告書等の書式を紹介します。
          ・平成30年度のG.C.P.の計画を立てます。
    日 程: 
    ①  4月19日(木)17:50~ 60分程度 渋谷キャンパス5号館5302教室
     4月23日(月)16:10~ 60分程度 渋谷キャンパス1号館1102教室
     4月25日(水)17:50~ 60分程度 渋谷キャンパス5号館5302教室
    ④  4月28日(土)12:50~ 60分程度 渋谷キャンパス5号館5302教室 
    ※同じ内容になります。いずれかにご参加ください。
    ※主に2年生以上の登録者を対象としていますが、今後の参考のために新入生の参加も可能です。
    ※事前の登録は必要ありません。

プログラム修了要件

 

区分 プログラム修了要件
日本文化に関する基礎科目 「Japan Studies」2単位を含め、6単位必修
外国語力 2ポイント獲得 左記の計4ポイントを含め、計8ポイント以上を獲得
海外留学 2ポイント獲得
海外渡航経験  
国内での国際交流活動  

1. 日本文化に関する基礎科目(共通教育プログラムの國學院科目群)

授業科目 学年 単位 備考
日本文化を知る 1 2 ( )内のテーマが異なれば同一の授業科目でも複数履修可
Japan Studies 2 2 8単位まで複数履修可

※平成26年度~28年度入学者の「日本文化を知る」は、こちらの科目で充当してください。

2. グローバル・チャレンジ・ポイント表※1

区分 検定試験・留学の種類 4ポイント 2ポイント 1ポイント
外国語力※2 英語 TOEIC 730点以上
TOEFL(iBT) 70点以上 50点以上
TOEFL(ITP) 523点以上 463点以上
実用英語技能検定 準1級以上
中国語 中国語検定 2級以上 3級
HSK6級 180点以上
HSK5級 195点以上 180~194点
HSK4級 合格
TOCFL(聴力・閲読) 高階級 進階級
ドイツ語 ドイツ語検定 2級以上 3級
フランス語 フランス語検定 2級以上 3級
海外留学※3 協定留学 2学期間 1学期間
私費留学 2学期間 1学期間 4週間
セメスター留学 セメスター留学
短期留学 夏期・短期

 

区分 ポイント数 内容
海外渡航経験※4 1ポイント 海外ボランティア参加、海外での国際交流活動、観光目的の海外渡航、その他(海外でのインターンシップ参加等)
国内での国際交流活動※5 K-STEPアシスタントにおける活動、日本文化の発信活動、その他

※1 ポイント取得の対象となる検定試験・留学の種類及び海外渡航経験・国内での国際交流活動は、在学時のものに限ります。

※2 外国語力におけるポイント取得は、各外国語で最大4ポイントまでとなります。

※3 海外留学によるポイント取得には、所定の書式による留学報告書の提出が必要です。また、同一大学への同一留学プログラムに複数回参加した場合は、ポイントが取得できるのは1回のみとします。

※4 海外渡航によるポイント取得には、所定の書式による報告書の提出が必要です。また、ポイントは1回の渡航、活動参加で1ポイントが目安ですが、「グローバル人材のための基礎力養成」の観点で国際交流推進部が活動報告書を審査のうえ決定します。

※5 国内での国際交流活動によるポイント取得には、所定の書式による報告書の提出が必要です。また、認定の対象となるポイント数は「グローバル人材のための基礎力養成」の観点で国際交流推進部が活動報告書を審査のうえ決定します。

3. 各種書式

グローバル・チャレンジ・プログラムのポイント取得には、下記書式をそれぞれ使用してください。

このページに対するお問い合せ先: 国際交流課

MENU