教授

平藤 喜久子

ヒラフジ キクコ

専門分野
神話学
本学就任
2005年04月01日
担当教科
神道と情報化社会1、神道と情報化社会、神道と情報化社会2、心性と思想(現代社会と世界の宗教・神話)、言語と思想014、神道文化基礎演習、前期課程・海外日本文学研究(講義)

著書・論文紹介

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

 専門は神話学。とくに近現代の日本において、神話がどう読まれてきたか、どう扱われているのか、人々は神話を使って何を表現してきたのかという問題に関心をもち、研究を行っている。最近は神話と教育についても興味を持っている。具体的には、次のようなテーマに取り組んでいる。
 (1)明治期の神話学について。
[1]B・H・チェンバレンやW・G・アストンら明治期の外国人による日本神話の読み方とその影響。
[2]日本で神話学が受容され、研究が開始されていく背景。
 (2)日本神話の比較研究の歴史。現在はとくに昭和前期の植民地主義との関わりを研究している。
 (3)現代社会における神話の利用方法とその特徴。とくにポップカルチャーにおける神話の利用に関心を持っている。
 (4)宗教文化教育における神話教育の可能性と課題。
  本プロジェクトでは、Encyclopedia of Shintoの編集作業と国際研究フォーラムの運営を分担している。

担当プロジェクト:「デジタル・ミュージアムの運営および日本の宗教文化の国際的研究と発信」

MENU