星野 光樹

専任講師

星野 光樹

ホシノ ミツシゲ

専門分野
神社祭祀・祭式、国学
本学就任
2010年04月01日
担当教科
神社祭式概論1、神社祭式概論、神社祭式概論2、神社祭祀演習2、神道古典3、神社祭式同行事作法2、神社祭式同行事作法1、祝詞1

著書・論文紹介

近世以前には一定していなかった神社における祭祀の実践方法(祭式)が、近代において法制化・統一化されるに至ったが、その間に国学が果たした役割について、幕末期の平田派国学者である六人部是香を中心に検討を行い、是香の祭式の構想が形成された経緯、および神社祭式が明治維新以降に制度化されていく経緯を検証し、幕末期から近代にかけて神社の祭祀における思想と実践方法が国学者によってどのように提唱され、それがいかに継承され、あるいは変容したのか、その一端を明らかにした。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

神職を志す学生諸君は、神道の文化や信仰について、祭祀の厳修を通じて継承し、更に自分の言葉でその伝統を伝えられるように努めなくてはならない。そのために、さまざまな先生から学び、たくさんの書籍に触れ、そして、切磋琢磨できる仲間を作ることが大切である。この國學院大學で、多く知識を身に付け、それ相応の覚悟と気概を養い、将来、神職としての矜持が持てるよう大いに励んでもらいたい。

MENU