准教授

藤嶋 亮

フジシマ リョウ

専門分野
比較政治
本学就任
2014年04月01日
担当教科
教養総合演習(中・東欧の歴史と社会)、20世紀の政治B、比較政治A、比較政治、比較政治B、基礎演習A、基礎演習、演習1、演習(4)、演習2、現代の政治、政治変動論、政治学特殊研究2(演習)

著書・論文紹介

ブルガリアとルーマニアの政党システムは、2000年代には、前者では強力な新党の相次ぐ参入・政権掌握が生じる一方で、後者では制度化が進展するという形で、対照的な発展を示した。本稿では、左右軸上での有権者の選好分布・政党間競合とその「空白域」という観点から、ルーマニアでは既成政党によるドラスティックなイデオロギー・政策位置の変更が生じたことを明らかにし、それが新党の機能的代替物となったことを示唆した。

ルーマニアとブルガリアの事例比較を通じ、相対的に「弱い」大統領をもつ半大統領制諸国において、大統領選挙が政権をめぐる政党間競合に影響を与えるメカニズムと、その影響の大きさを左右する要因の分析を試みた。この結果、初期条件により組み込まれた大統領職に対する規範意識や主要政党にとっての選好/誘因の差異が、大統領の内閣形成に関する憲法権限と政治的機会構造の一定の相違によって再生産され、大統領職や大統領選挙の「比重」の違いを生み出すことが明らかとなった。

新興民主政を中心に近年急速に「普及」した半大統領制について、ヨーロッパの事例を中心に執政制度としての新たな分析・分類可能性について検討した。具体的には大統領の憲法上の権限を出発点とし、他の主要アクターとの取引状況における大統領の資源という観点から、大統領の権限配置の分類・指標化を行い、権限配置の特徴から下位類型の構築(「儀礼型」・「調停型」・「拒否権型」・「執政型」/「限定執政型」・「優位型」)を試みた。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

人生色々、大学時代に何か支えになるものを見つけられると良いと思います。

MENU