准教授

秋澤 亙

アキザワ ワタル

専門分野
平安朝文学
本学就任
1996年04月01日
担当教科
日本文学演習2(4)、日本文学演習3(4)、日本文学概説1、日本文学概説2、卒業論文、卒業論文(1次題目)、(次年度)日本文学演習2、(次年度)日本文学演習3、日本文学講読1、日本文学講読(4)、日本文学講読2、前期課程・日本中古文学研究3(演習)、後期課程・日本中古文学特殊研究3(演習)

著書・論文紹介

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

 文学を志す者は一に実作、二に評論、三・四がなくて、五に研究、と揶揄されます。 確かに、研究は地味ですが、努力次第で立派な仕事を成せる。ただ、実作や評論は自宅での膨大な読書量で大成できますが、学問は大学以外の場での会得が難しい。本学の環境はその点で十分です。

 己の愚かさを悟り苦悩する者よ。いざ給え、國學院へ。

 ともに学ばん

MENU