NEWS

大規模災害学費減免制度 

  • 在学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月23日更新

  大規模災害学費減免制度 ※平成28年度新設
目的 大規模災害学費減免制度は、國學院大學での修学が困難となった被災学生に対し、学費を減免することにより学業を奨励し、経済援助を行うことを目的とする。
減免額 本制度の減免額は、当該年度の授業料、施設設備費及び維持運営費の全額、7割、半額、3割及び1割とする。
対象 本学学生(学部・大学院・専門職大学院・専攻科・別科)のうち、災害対策基本法第1条第1項に定めた災害(以下「大規模災害」という。)により被災し次の号に定めるすべての要件を満たす者とする。 [1]主たる家計支持者が災害救助法適用地域に居住しているもの  [2]主たる家計支持者の家計が大規模災害により急変し、学費の支弁が困難と認められるもの [3]修学に対する意欲と学業継続の意思があり、成業の見込みがあるもの   [4]原則として、日本学生支援奨学金等の貸与奨学金を受けている者、若しくは貸与予定者であること 2、本制度の対象者は、前項各号に定める要件のほか、大規模災害に起因した次の号のいずれかに該当するものとする。 [1]家計支持者が死亡又はこれに準ずる高度障害を受けた場合  [2]家計支持者が居住する家屋が、全焼、前流失、大規模災害、半壊及び一部損壊等の被災を受けた場合(一部損壊の対象は当該年度限り) [3]家計支持者の収入又は所得が激減し、学費の支弁が著しく困難となった場合 
[4]家計支持者の居住地が避難地域等に指定され、避難を継続している。
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課

このページに対するお問い合せ先: 学生生活課

MENU