NEWS

平成27年度後期 ノートテイカー募集のお知らせ

  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年9月2日更新

教育開発推進機構では、障害に関する学修支援制度の一環として、聴覚障害のある学生に対してノートテイク(講義内容の要約筆記)支援を実施しています。
ノートテイク支援は、有志の学生が「ノートテイカー」となって支援活動を行うもので、学生が、学内における教育支援活動や、学生自身の社会性向上に資する活動に従事する「学内ワークスタディ」のひとつとして設けられています。
つきましては、ノートテイカーとして障害学生の学修支援をしてくれる、意欲ある学生を募集しますので、要項以下を熟読の上、応募してください。
 
【要項】
1.応募要件:2年生~4年生で、学内ワークスタディの趣旨を理解する者(留年者・卒業延期者は不可とする)
ノートテイク未経験者は9月18日(金)に教育開発推進機構で開催する「ノートテイク研修会」(90分程度)に参加した上で応募してください。参加していない場合は応募資格がないものとみなしますので、ご注意ください。
※今回の研修会に参加した上でノートテイカーに応募したとしても、後期中に必ずしもノートテイカーとして配置されるとは限りません。あらかじめご承知おきください。
障害者支援に対して理解がある人、国語力(聞きとり能力・要約能力・語彙力・表記力)に自信のある人、GPA2.50以上の人が望ましい。
 
2.任用期間:平成27年9月採用決定~後期授業終了日(スプリングセッション含む)
 
3.勤務時間:1シフト90分。時間割の中で都合のつく時間をエントリーしてください。
※自分が受講している授業にはエントリーすることはできません。
※1日7時間以内の勤務とします。
 
4.給  与:時給890円(税込)
※給与は、原則として、月末締めの翌月支払いとなります。
 
5.業務内容:パソコンまたは手書きによるノートテイク(講義内容の要約筆記)
6.業務体制:(1)ノートテイカーは自身のシフト開始前に3号館3306号室の学修支援センター相談室へ出勤し、自身の勤務表へ機構教職員の出勤チェックを受ける。
(2)ノートPCまたは用紙、筆記用具を携帯して該当教室に赴き、所定の位置に座って講義内容の筆記を行う。
(3)業務終了後、業務内容・申し送り事項等を勤務表及び業務報告ノートに記録し、学修支援センター相談室に返却する。
 
7.禁止事項:(1)ノートテイカー自身が履修している授業におけるノートテイク
(2)個人情報を扱いまたは知りうる業務
 
 
8.提出書類:エントリーシート(様式[1])志望動機・自己PRなど
シフト希望記入シート(様式[2])
「平成27年度前期成績通知書」
 
9.応募期間:平成27年9月18日(金)・21日(月)・23日(水)・24日(木) 10:00~17:00まで(厳守)※昼休み12:50~13:50まで(厳守)
※なお、書類提出時に面接(30分程度)を行いますので、事前にメール等で来室予定日時を連絡し、時間に余裕をもって来てください。
 
【報告会】
ノートテイカーは、報告会を通じてテイカー同士の意見交換・情報共有を行い、ノートテイクのより良いあり方を協議、検討する機会を設けています。任意参加ですが、より一層の高い支援を提供するために参加を推奨しています。
 
【問合せ・応募先】教育開発推進機構
受付場所:渋谷キャンパス3号館3306号室 
受付時間:月~金 10:00~12:50/13:50~18:00
メールアドレス:iatl@kokugakuin.ac.jp
電話:03-5466-6743
 

このページに対するお問い合せ先: 教育開発推進機構

MENU