EVENT

終了

Ky+ゲスト「旅する音楽」コンサート

  • 文学部
  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月31日更新

國學院大學文学部外国語文化学科では、平成27年度より「《多言語・多文化の交流と共生》プロジェクト」と題し、複数の言語・文化が交わる現場に焦点をあてたイベントを企画しています。
 2年目となる今年度は、フランス・パリを拠点とするフランス人ウード奏者と日本人サックス奏者のデュオ「Ky(キィ)」による「旅する音楽」コンサートを開催します。スペシャルゲストは日本を代表するウード奏者、常味裕司。ウードとはアラブ発祥の楽器で、西はマンドリンやギター、東は琵琶へと発展していく撥弦楽器の祖です。アジア・ヨーロッパ・アフリカをつなぐ調べに乗ってたゆたうレクチャー&ライヴ演奏をお楽しみください。

※入場無料・申込不要

Ky+ゲスト「旅する音楽」チラシPDF 
Facebookイベントページ

日時 平成28年7月7日(木)18:30-20:30/開場18:00
会場 渋谷キャンパス学術メディアセンター1階 常磐松ホール
出演者 Ky(キィ)/仲野麻紀(sax, voice)、ヤン・ピタール(oud, guitar)
ゲスト:常味裕司
主催 國學院大學文学部外国語文化学科
《多言語・多文化の交流と共生》プロジェクト
会場アクセス 國學院大學渋谷キャンパス学術メディアセンター1階 常磐松ホール
〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28

アクセスマップ

お問い合わせ先 國學院大學文学部 笠間研究室
電話:03-5466-6270
ファクス:03-5466-4814
電子メール:kasama*kokugakuin.ac.jp (*を@に替えてください)
 
主演者プロフィール Ky(キィ)
仲野麻紀(なかの・まき、sax, voice)、ヤン・ピタール(Yann Pittard, oud, guitar)
欧州・アラブ圏世界各国で即興演奏を軸に、エリック・サティの楽曲に民族楽器を取り入れ自在に演奏。2014年フランス国営放送にてKyの特集を放送。美術アーティストとの共同制作、神社仏閣、図書館など場所を問わず演奏行脚中。
Kyオフィシャルサイト(外部リンク)

ゲスト:常味裕司(つねみ・ゆうじ、oud)
日本におけるウードの第一人者。1989年よりチュニジアに渡り、アリ・スリティに師事。1993年チュニジア国営TV、中近東を中心にフェスティバル等で演奏。2007年NHKスペシャル「新シルクロード」の音楽監修。伝統的な演奏を原点に様々な分野で活躍。
常味裕司オフィシャルサイト(外部リンク)

このページに対するお問い合せ先: 文学部 笠間研究室

MENU