EVENT

終了

國學院大學國文學會春季大会

  • 文学部
  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月27日更新

平成28年度國學院大學國文學會春季大会を、下記の通り開催いたします。
会員以外の方のご来聴を歓迎いたします。なお、参加費は無料です。

              記

日時:平成28年6月25日(土)・6月26日(日)
会場:6月25日(土) 國學院大學120周年記念1号館1105教室
        6月26日(日) 國學院大學120周年記念2号館 2201教室

6月25日(土) 【公開講演会】     午後1:30~午後4:30     1105教室

枕草子                                    三田村雅子
  -雪山の日々の時間と空間-  

教科書の中の『枕草子』            國學院大學兼任講師 津島 知明   
  -日記回想段の採択-

6月26日(日) 【研究発表会】     午前9:30~午後4:15     2201教室

〈午前の部〉 9:30~12:00
・梶井基次郎「交尾」論              國學院大學大学院生 岩渕 真未
 -「私」性を排した〈私〉-

 谷崎潤一郎「春琴抄」論            國學院大學大学院生 村里  直
 -客観化する語りの指向-

川端康成『千羽鶴』・『波千鳥』論       國學院大學大学院生 山田 愛美
 -菊治をめぐる「因縁」-

〈午後の部〉 1:00~4:15
『源氏物語』宿木巻藤花宴の意義       國學院大學大学院生 山本 夏希
 -正編の藤花宴との連関-

『源氏物語』における『遊仙窟』の受容    白百合女子大学大学院生  蔡  芸
 -薫の物語の一考察-

延慶本『平家物語』の女性譚における     國學院大學大学院生 柳井愛梨彩
 王朝文芸の影響 -小宰相譚を中心に-

・『於杦於玉二見之仇討』攷             國學院大學教授 岡田  哲
 -京伝合巻の実録物化-

このページに対するお問い合せ先: 文学部資料室

MENU