佐藤 謙一

教授(特別専任)

佐藤 謙一

サトウ ケンイチ

所属
経済学部 経営学科
研究分野
主に所得税、租税手続、租税争訟
  • 研究・教育活動

    学位

    修士(法学)

    研究テーマ

    論文

    「白色申告に対する更正の理由附記をめぐる諸問題-所得税に係る不利益処分等を中心として-」(2015/10/01)

    「租税法規における遡及立法の問題-福岡地裁平成20年1月29日判決・東京地裁平成20年2月14日判決を素材にして」(2008/10/01)

    著書

    「『働き方改革』によって増加が見込まれる副業・兼業から生ずる所得-事業所得と雑所得を区分するメルクマール-」(2019/01/29)

    「非上場株式の譲渡における低額譲渡・高額譲渡の認定とその回避策」(2018/12/01)

    詳細を見る

教員からのメッセージ

「税」は我々にとって非常に身近な存在です。所得税や法人税だけではなく、消費税及び相続税の問題など新聞紙上に「税」の情報は溢れています。このことは、「税」が、今日、我々の経済活動のあらゆる局面に影響を与えていることの証拠にほかなりませんが、裏を返せば、会社経営者に限らず、一般の方々であっても重要な経済取引を行う場面では、それによって生ずるであろう「税」の問題を考慮して意思決定をする合理的経済人であることが求められます。
 このような場合、税理士などの職業会計人に意思決定のためのプランニングを委ねるのも一つの方策ですが、「税金入門」や「税務会計」等を通じて、基本的な「税」の種類やその計算方法等を学んで理解することは、最終的な意思決定を自ら行わなければならない場面においても非常に有効に機能してくれます。
是非、この機会に学んでみてください。

佐藤 謙一 教授(特別専任) の記事

他の記事を見る

MENU