教授

茢田 真司

カリタ シンジ

専門分野
政治思想史、政治哲学、政治理論
本学就任
1997年04月01日
担当教科
西洋政治思想史A・B、演習1・2、政治哲学A、現代社会論、基礎演習、基礎演習B、西洋政治思想史研究(講義)、オムニバス・セミナー(NPOと市民活動)、教養総合演習(政治と遊ぼう)

著書・論文紹介

第2次世界大戦後のコロンビア学派を代表する社会学者であるパウル・ラザスフェルドの著作『応用社会学序説』を読み直し、その特質を明らかにした。

共存の政治的な条件を探るための2つの試みとして、権力分有論と多文化主義を取り上げ、その異同を検討した。

第2次世界大戦後のコロンビア学派を代表する社会学者であるパウル・ラザスフェルドの社会科学についての理念を分析した。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

最近大学の面白さがわからずに卒業してしまう人が増えています。大学の面白さは大学に来なければわかりません。毎日来て、どこかの教室をのぞいてみましょう。面白い講義、面白い先生、面白い友人…何かが見つかるはずです。

MENU