NEWS

【学生教職員対象】トレーニングルーム106(たまプラーザ)

  • 人間開発学部
  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月6日更新

たまプラーザキャンパスのマシントレーニングルームが、リニューアルオープンしました。場所は本館1階106室です。
2016年6月、クランチやツイスト、アームカール&エクステンションが追加され、エアロバイク・トレッドミルの入れ替えが行われました。スミスマシンも追加されたため、今まで以上に幅広いトレーニング対応が可能となりました。
使用法講習会を受けた学生は、今まで同様、所定の手続きで利用することができます。
競技力向上の補強トレーニングに、健康増進・体力づくりに、メタボ解消に?どんどん活用して下さい。

トレーニングルーム106

利用資格

1) スポーツ・身体文化I及びIIの授業等でトレーニングルーム機器の使用法を含むトレーニング方法を学んだ者。
  または、健康体育学科が開設する利用法の講習会を受けた者

2) 当該年度の定期健康診断を受診し、健康上の問題のない者

利用資格を得た者は、「トレーニングルーム機器利用登録票」に必要事項を記入し、体育館教員室受付カウンターに事前提出すること。登録簿用紙は体育館教員室に備えてあります。
また授業担当教員・利用講習会講師から、学生証に「利用資格マーク」の押印を受けること。

利用時間

1) 前期・後期授業実施期間中の授業時間帯(授業で使用中の場合は個人利用不可)
   月・火・木・金曜…9:30~16:20
   水・土曜…9:30~12:10
   ※但し、授業が入る場合は、授業での使用を優先します。

2) 放課後、課外時間帯、春期休暇中…たまプラーザ事務課の指示に従って下さい。
   前期・後期授業実施期間中の放課後・課外時間帯
   月・火・木・金曜…16:40~19:00
   水・土曜…12:50~17:00

   但し、機器の異常・故障・破損等が生じた場合は、途中で利用を打ち切ることがあります。

服装について

【必ず用意するもの】
○屋内スポーツにふさわしい服装(ジャージなど)
○体育館内用シューズ(ゴム底。土足転用は不可)
○汗拭き用タオル

※土足や運動靴以外の靴、素足での利用は認めません。
※適切な準備がなされていない場合は使用を認めないことがあります。

更衣について

体育館地下男子・女子更衣室を利用して下さい。更衣後、貴重品等は自己責任のもと自己管理してください。

利用手続き

利用受付を行う前に必ずジャージ等に更衣を済ませ、体育館内シューズと汗拭き用タオルを準備してください。

【上記利用時間1)の場合】
体育館教員室の受付カウンターにて、利用受付簿に氏名を記入(学生は学生証を提出)
  ↓
トレーニングルーム入口の鍵とリストバンドを受け取る(先行利用者がいる場合はリストバンドのみ)
利用中は必ずリストバンドを装着すること。
  ↓
利用後はリストバンドを体育館教員室受付に返却し、受付簿に退出時刻を記入。
学生証の返却を受ける(最終退室者は鍵も返却すること)
 
【上記利用時間2)の場合】
たまプラーザ事務課の指示に従って下さい。

諸注意

1) トレーニング中機器に付いた汗などは、持参したタオルで拭き取るようにして下さい。
2) トレーニングルーム内は土足厳禁です。必ず体育館内用シューズを使用して下さい。
3) トレーニングルーム内は食禁止・禁煙です。
   水分補給のために缶ジュース、ペットボトル類を持ち込む際は、入り口脇の靴箱の上に置き、入り口周辺で飲んで下さい。
4) 機器の異常・故障・破損や使用方法に不明な点がある場合は、体育館教員室の教員・助手に申し出て下さい。
5) 受付をせずに使用した者は、その後一切の使用を禁止とします。

これらの注意義務を怠った場合、また教職員の指示に従わない場合は、以後の使用を一切禁止します。
その他不明な点は、体育館教員室(体育館1階)に問い合わせ下さい。

安全にトレーニング機器を利用するための注意事項

(1) 利用にあたっては、安全上の配慮から、原則2人以上で利用する。
(2) 機器の利用前・利用後には、備え付け資料などを参考にして必ず準備運動・整理運動(ストレッチ)を行う。
(3) 強すぎる負荷強度を用いない。特にトレッドミル(ランニングマシン)については、ふざけて速度や傾斜を上げ過ぎたりしないように注意する。
(4) 正規の使用方法以外の使い方を絶対にしないこと。
(5) トレッドミル(ランニングマシン)を使用している者に対し、後ろから声をかけない。
(6) トレーニング中は、広いスペースのないところ、機器の間などは歩かない。
(7) トレーニングは、無理をせず休みながら行う。
(8) トレーニング中に体調が悪くなった場合や、自身及び他の利用者に事故・怪我などが発生した場合には、直ちにトレーニングを中止し、授業時間帯では体育館教員室へ、課外時間帯の際は内線電話を通じてたまプラーザ事務課に申し出る。
(9) 教職員の指示には必ず従う。

このページに対するお問い合せ先: 人間開発学部

MENU