EVENT

終了

企画展「収蔵品展」

  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年4月13日更新

企画展「収蔵品展」ポスター
企画展「収蔵品展」ポスター

國學院大學博物館
平成27年度第1回企画展「収蔵品展」

会期:平成27(2015)年4月13日(月)~5月17日(日)

本学が蓄積してきた学術資料の中で、展示される機会の少なかった資料の数々を紹介いたします。

関連企画 (※予約不要・無料)
■ミュージアムトーク「まつりを読みとく」
日時:5月2日(土) 12:15~12:45
解説:大東 敬明(國學院大學 准教授)

■展示品解説
日時:5月16日(土) 12:15~12:45
解説:石井 匠(当館 学芸員)
    大東 敬明(國學院大學 准教授)

 

会期 平成27(2015)年4月13日~5月17日(日)
会場 國學院大學博物館 企画展示室
開館時間 午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
休館日 大学の定める休業日(5月1日及び11月4日)
GW・館内保守等による休館日(4月28日、4月30日、5月4~6日)
入館料 無料
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
國學院大學渋谷キャンパスアクセスマップをご覧ください。

本企画展にあたって-ごあいさつ-

 國學院大學博物館では、その前身施設が設置された昭和3(1928) 年以来、日本文化に関する調査研究と、本学の学生に対する教育支援を目的として、考古資料・神道資料の収集を推進して参りました。また、校史資料室等の後身である校史・学術資産研究センターにおいても、本学の歴史にまつわる様々な資料を収集・管理しております。これらの当館収蔵資料、及び校史・学術資産研究センター所管資料は、国学と國學院大學の学問について紹介する校史展示室、考古資料から日本列島の歴史を紐解く考古展示室、そして神道と日本文化を明らかにする神道展示室においてご覧いただくことができます。 
 しかし、限られた常設展示の空間で、本学が蓄積してきた学術資料の全貌をお目にかけることは些か困難と言わざるを得ません。そこで、新たな寄贈・購入・模造・修理物件のほか、従来展示される機会の少なかった資料の数々をご紹介する場として、企画展「収蔵品展」を開催いたします。今年度は、校史分野から有栖川流の書跡等、神道分野から年中行事絵巻、考古学分野から縄文土器・弥生土器を出陳しておりますので、是非ゆっくりとご観覧頂ければ幸いです。 開催にあたりましては、これまで本学に対して貴重な学術資料を寄贈して下さった篤志家の皆様や、購入・模造・修理に際して有益なご指導を頂戴した諸機関・個人の皆様に厚く御礼を申し上げます。

國學院大學博物館 館長  笹生 衛

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

MENU