NEWS

法学部にはフェローがいます!(2018年度版)

  • 法学部
  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月18日更新

フェローとは、講義や教科書の内容でわからないところの質問を受け付けたり、答案やレポートの書き方を個別に指導してくれたり、一人一人の弱点を克服するための勉強方法を考えてくれたりする、新しい教育スタッフです。

2018フェローチラシ(pdfファイル)

 フェローは百周年記念館地下1階のフェロー室に午前11時(受付開始)から午後6時40分(受付終了)まで待機していますので(但し休憩時間を除く)、自分の好きな時間に、質問にいったり、指導を受けに行ったりすることができます。申込み等は、不要です。講義でわからないことが出てきたり、勉強に行き詰まったときには、どんどん利用して下さい。

 フェロー室を訪れるのは気が引ける…という学生の方もいるかもしれませんが、心配いりません!

 1.フェローの先生方は大変優しく、丁寧に指導してくれます。「フェローの先生にこんな質問をしたら怒られるかも…」と不安に思う必要はありません。みな最初は法学の勉強に苦労するものです。法学の勉強の最初の一歩をどのように始めたら良いのか、フェローの先生方がしっかり手ほどきしてくれます。

 2.フェローの先生方から繰り返し教わることができます。フェローの先生方は平日の11時から19時まで常駐していますので、いつでも指導を受けることができます。1回目の指導だけではうまくいかないときも、繰り返しフェロー室を訪れることで自分の成長を実感できるでしょう。

 3.「それでもフェロー室の敷居が高い、フェロー室に行きづらい、何を質問すればいいのかも分からない…」と思う方もいるかもしれません。あまり難しく考える必要はありません。最初は自分の悩みを聞いてもらうだけでも構いません。フェローの先生方は、何をどのように始めればよいのか、親切に教えてくれます。とにかくフェロー室の扉をノックしてみましょう!(特に4月中はフェロー室が空いていますので、早めに相談しに行くことをお勧めします。)

 4. なお、フェロー室に質問に行く時には、質問に関係する教科書その他の資料を持参して、指導を受けてください。何も持たずに手ぶらで質問に行くと、フェローの先生は十分な答を返せませんので、その点は、注意しましょう。

 

MENU