支部活動と援助金について

2015年7月24日更新

「支部の活動」について

  • 支部の集い

    支部活動で代表的なものが「支部の集い」です。毎年5月下旬から8月上旬の土・日・祝日に、全国56の支部で順次開催されています。例年、全国で2,000名を超えるご父母が参加され、「子どもの出席状況や単位取得の様子がわかって良かった」「大学の様子がよくわかり、子どもとの会話に広がりが持てる」「大学の教職員とつながりが持てて心強い」等の感想を多くいただいております。

  • キャンパス見学会

     キャンパス見学会では、模擬授業の体験や学生食堂での昼食など、保護者御自身が実際の大学生活を体験することができます。さらに、好評をいただいている学術メディアセンター内の國學院大學博物館や図書館もじっくりご覧になれます。

  • 研修旅行

    若木育成会本部が主催する「キャンパス見学会」へ、多くの支部が「研修旅行」の一環として参加されています。その場合、各支部の役員により案内や取り纏めが行われますので、個人で直接キャンパス見学会の申し込みをする必要はございません。なお、交通費等の援助金制度もございますので、支部による企画がある場合には、支部へのお申し込みをお勧めいたします。 

    その他、各地の著名神社への正式参拝や、史跡・文化財・資料館等を巡るツアーを行い、支部会員同士の交流を深めている支部も多くあります。上記同様に交通費・入場料等への援助金制度がございます。 各支部の企画や援助金の内容等については、各支部の支部長までお尋ねください。

  • 「講演会・セミナー」 「支部会報の発行」

    各支部により講師を招いての講演会や、國學院大學キャリアサポート課の就職アドバイザーを講師とした「父母のための就職セミナー」等を実施している支部もあります。
    また、支部会員への情報発信として、「支部会報」を発行している支部もあります。

    若木育成会本部では、これらの活動に関わる経費についても、援助金による補助を行っております。

支部活動に対する「援助金」について(支部役員の方々へ)

若木育成会本部では、以下の内容について援助を行っています。

  • 1.支部の事務費への援助

    援助額は、支部の会員数によって異なります。

    100名未満:30,000円、 100~199名:50,000円、 200~299名:60,000円、300~399名:70,000円、 400~499名:80,000名、 500~999名:100,000円、1,000~1,499名:200,000円、 1,500名以上:300,000円

    ※支部事務費への援助金は、「支部の集い」が開催される時期に支部の口座へ振り込みます。口座のない支部については「支部の集い」当日に担当職員が持参いたします。

  • 2.支部主催の研修旅行・キャンパス見学会への援助

    援助対象:交通費、有料道路・駐車料金、見学(博物館等)の入場料、旅行保険、案内状等発送費。

    ※宿泊費、食費、玉串料、運転手への心付け等は対象外です。
    ※援助対象総額の半額、年間25万円を限度として援助金を支出いたします。

    援助金の申請を行う場合には、事前に「企画書」を提出(FAX・メール添付可)いただき、実施後に「援助金申請書」「参加者名簿」「領収書(コピー可)」の提出が必要です。(2月末までに申請書の提出がない場合は援助できません。)

    用紙については、下部よりダウンロードできますのでご利用ください。

  • 3.講演会・会報等発行に対する援助

    援助対象:会場費、案内状等発送費、印刷費、講師謝礼金(含む交通費)。援助対象総額の半額、年間15万円を限度として援助金を支出いたします。
    援助金の申請を行う場合には、事前に「企画書」を提出(FAX・メール添付可)いただき、実施後に「援助金申請書」「領収書(コピー可)」「開催案内」「発行物」等の提出が必要です。
    (2月末までに申請書の提出がない場合は援助できません。)

    用紙については、下部よりダウンロードできますのでご利用ください。

    ※支部では、年間に上記の2と3の援助金を申請することが可能です。 → 年間総額40万円

    ※その他ご不明な点等がございましたら、お気軽に校友課までご相談ください。

援助金に関する申請書について

上記の支部活動「研修旅行・キャンパス見学会」「講演会(セミナー)」「会報発行」の援助金に関する申請書類については、以下よりダウンロードして適宜ご利用ください。

なお、用紙へは、入力いただいても、手書きでも、どちらでも構いません。

また、事前に提出いただく「企画書」については、校友課へのFAXやメール貼付でも受け付けます。

このページに対するお問い合せ先: 若木育成会事務局(國學院大學 総務部校友課 内)

MENU