事業・活動

2020年4月1日更新

研究事業の概要

研究開発推進センター研究事業

 建学の精神である神道・日本文化の研究をさらに発展させるために、本センターは、(ア)神道・日本文化に関する研究について、近代・現代の研究状況を検討し、学内学術資産を活用しつつ推進する、(イ)21世紀研究教育計画委員会研究事業の研究マネジメントを行い、関係研究者と連携しつつ、円滑な事業運営を図る、(ウ)神社界等からの外部資金の導入によって、研究プロジェクトを企画し実施する、(エ)国内外の神道及びその関連領域の研究者・研究機関との連携関係を強化する、等の事業を推進しています。
 本年度は、具体的には以下の事業をおこないます(以下、活動の詳細についてはリンク先をご覧ください)。

1.幕末維新期の神道・国学に関する研究

2.神道・国学に関する学内資料の調査・研究

3.「伝統文化・神社・地域と共存社会の研究」の推進

4.私立大学研究ブランディング事業「「古事記学」の推進拠点形成―世界と次世代に語り継ぐ『古事記』の先端的研究・教育・発信―」の継続事業推進のための実務的運営

5.乃木神社の研究

6.神道・日本文化研究の国際比較と国内外の研究者間の連携強化

7.研究開発推進センター研究会

8.『研究開発推進センター研究紀要』の刊行

國學院大學21世紀研究教育計画委員会研究事業「地域・渋谷から発信する共存社会の構築」

本センターでは、「地域・渋谷から発信する共存社会の構築」研究事業を推進しています。

國學院大學21世紀研究教育計画委員会研究事業「「古事記学」の構築」

本センターでは、「「古事記学」の構築」研究事業を推進しています。

シンポジウム・研究会

成果刊行物

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

MENU