学部・学科

2015年12月16日更新

専門性と幅広い教養の両立。
そして自分で学びをデザインする喜び。

 國學院大學では、授業科目ごとに割り振られた単位を集める「単位制」を採用しています。

 卒業までに必要な単位は124単位以上。

 教養総合科目から36単位(人間開発学部は26単位)、専門教育科目から64単位(人間開発学部は74単位)、そして残った24単位は皆さん自身が学びをデザインする必要があります。

 皆さんが自由にデザインできる24単位については……

  • 専門教育科目をより多く履修して、より高水準の専門性を目指す。
  • 教養総合科目をより多く履修して、より幅広い視野や総合的な判断力を養うことを目指す。
  • 「副専攻プログラム」を受講して「副専攻修了証」の授与を目標に据えたり、「 全学オープン科目」で現代社会が対峙する課題を知る
  • 専門教育科目、教養総合科目、全学オープン科目、副専攻プログラムをバランス良く履修し、24単位を満たす。

……等々の活用法が考えられます。

専門教育科目で専門性を深める

 専門教育科目は、それぞれが所属する学科の専門性を深めるための授業科目です。

 内容は学科ごとに大きく異なっており、その学科の特色を表したものとなっています。

 國學院大學では、専門教育科目の中から少なくとも64単位(人間開発学部は74単位)を修得することが、卒業要件の一つになっています。

 専門教育科目の中には、他学部・他学科に開放されている科目も存在します。

 ■必修/選択必修/選択といった科目の属性の違い・意味は?

  必修科目は、必ず履修しなければならない授業科目で、その科目の単位の修得が卒業要件となります。
  選択必修科目は、指定された科目の中から定められた単位を修得しなければならない授業科目です。
  選択科目は、自身の興味・関心により自由に選択できる科目です。

教養総合科目で学問の基礎や幅広い教養を身に付けます

 教養総合科目は、全学共通のもので、幅広い教養を身に付けるための授業科目です。
 単位互換による認定単位や、海外留学による認定単位もここに含まれます。
 21世紀、あらゆるものの変化が迫られる中で、國學院大學のアイデンティティは「日本文化の創造と形成に総合的に貢献できること」にあります。

 そして目指すのは、「世界に向けて日本文化を創造的に発信していく大学」です。
 「教養総合科目」の必要性・重要性は以前にも増して大きくなっています。

 「世界に向けて日本文化を創造的に発信していく力」を育むために、学問の基本的な知識を獲得するにとどまらず、さまざまな場面に応じた知識の活用能力や自己表現能力を高め、多様な視点から物事を捉える姿勢を培うことを目指しています。

シラバス

各学部・専攻科・別科・大学院・法科大学院で開講されている授業の内容を確認することができます。
キーワードや索引を使って、興味のある授業をのぞいてみましょう。

副専攻・全学オープン科目

 國學院大學には五つの学部があり、その中に13学科からなる「学びの領域」が存在します。
 そして、各学科のカリキュラムには、約1,000科目におよぶ専門教育科目があり、その内の500科目以上が「全学オープン科目」として、全学生に開放されています。
 学生は、卒業するために必要な124単位のうち、64単位以上(人間開発学部は74単位以上)を所属学科の専門教育科目から修得することになりますが、自分の興味・関心に従って「全学オープン科目」の中から履修することも可能です。
つまり、学生個人の主体的意欲・創意工夫によって、自分自身で自由に学修計画を立てることができるのです。
 また、「副専攻プログラム」には、「全学オープン科目」を中心に各学部・学科の専門領域を組織化したプログラムや、学部・学科の枠を超えた学際的なプログラムなど、学生の知的好奇心を満たすような24のプログラムが設定されています。
 皆さんの自由な発想と学修意欲に応える科目が、きっと見つかるはずです。

國學院大學研究者データベース(K-Read)

 國學院大學研究者データベース(K-Read)では、國學院大學に所属する専任教員についての研究者情報や研究業績情報などを検索できます。
 また、各学部学科の教員紹介ページでは、各教員の研究分野紹介やメッセージがご覧になれます。

このページに対するお問い合せ先: 國學院大學 総合企画部入学課

MENU