事業・活動

2015年5月14日更新

 これまで実施した企画の概要は、活動状況を御覧下さい。

  • 活動状況

    平成19年度

    • 「梧陰文庫」を中心とする学術財産の構築と運用
    • カミ信仰をめぐる国学的資料研究の確立 ―地域総合調査を通じて
    • 日本近代政治史の諸問題 ―井上毅の遺産と負債―
    • 幕藩刑法とその刑罰の研究
    • 「律令研究会」の運営

    平成20年度

    • 國學院大學における大学アーカイヴズ体制の構築
    • 國學院大學の学術資産の研究と公開

    平成21年度

    • 國學院大學の学術資産の研究と公開
    • 國學院大學における大学アーカイヴズ体制の構築

    平成22年度

    • 國學院大學の学術資産の研究と公開
    • 國學院大學における大学アーカイヴズ体制の構築

    平成23年度

    • 國學院大學における学術資産研究の発展と公開
    • 國學院大學における大学アーカイヴズと自校史教育の構築と展開

    平成24年度

    • 國學院大學における大学アーカイヴズと自校史教育の構築と展開
    • 國學院大學における学術資産研究の発展と公開

    平成25年度

    • 國學院大學における大学アーカイヴズと自校史教育の構築と展開
    • 國學院大學における学術資産研究の発展と公開

    平成26年度

    • 國學院大學における古典学の展開に関する研究と公開
    • 國學院大學における日本史学を中心とする学術資産研究の発展と公開

    平成27年度

    • 國學院大學における古典学の展開に関する研究と公開
    • 國學院大學の学術資産の研究と展示公開

    平成28年度

    • 國學院大學における古典学の展開に関する研究と公開
    • 國學院大學の学術資産の研究と展示公開

    平成29年度

    • 國學院大學における大学アーカイヴズ体制の基盤整備
    • 國學院大學の学術資産の研究と展示公開

校史研究部門:國學院大學における大学アーカイヴズ体制の基盤整備  (平成29~31年度)

 本事業は、自校史に関する学術研究を行い、その成果を学内外に広く発信するという、本センターの設立目的に則り、その遂行の基盤となる大学アーカイヴズ体制の更なる基盤強化を目的とするものである。
 本センターでは、これまでアーカイヴズ関連事業として「國學院大學における大学アーカイヴズ体制の構築」(平成20~22年度)、「國學院大學における大学アーカイヴズと自校史教育の構築と展開」(平成23~25年度)を計画・遂行し、校史資料の収集・保存を継続するとともに、その整理・研究を行なってきた。本事業は、それら先行事業を継続する形で、来たる國學院設立130年および創立140、150周年に備えて大学アーカイヴズ体制の基盤強化を行う。具体的には、校史資料の整理、本学博物館における展示、教養総合「神道と文化」サブテキスト作成・改訂と当該教材に関するアンケートの集計・分析といった本事業の日常的な業務とともに、校史資料の簡易目録作成、校史資料の一部デジタル化を進めていく。
 これら諸業務の遂行によりアーカイブズ体制の基盤強化を進めることで、展示のさらなる充実、校史研究の深化などの成果が期待され、学内外への自校史周知はもちろん、アーカイブズ化から自校史教育へのシフトもより容易になるものと考えられる。
 本事業の成果は、『國學院大學 校史・学術資産研究』や『校史』といった本センターの機関誌などや本学博物館での展示を通じて公開していく。

学術資産研究部門:國學院大學における学術資産研究の可視化(平成30~32年度)

 校史・学術資産研究センター(以下「本センター」と称す)は、研究開発推進機構における共同利用研究機関の一つとして、國學院大學の歴史及び本学の有する学術資産の研究を行い、その成果を広く社会に還元することを目的として設置された。その主な事業は、①校史に関する研究、②本学所蔵の学術資産に関する研究、③資料の収集、整理及び展示、④折口博士記念古代研究所並びに河野博士記念室及び武田博士記念室に関する資料の研究、⑤研究成果の公開及び本学の教育活動への支援、⑥その他、本センターの運営に必要な事業、を行うことと定めている。
 本事業は、上記の事業のうち②③④の分野を担いつつ、平成29年4月に策定された第4次「21世紀研究教育計画」に示される「校史および貴重史資料の整備と、それを活用した調査・研究・教育の推進」、「学術資産の活用」を推進することを目的とする。
 本事業では、本学の学術資産を調査・研究し、学術資産の研究を深める。
 上記で用いた資料および研究成果を①本学図書館デジタルライブラリー、②本学博物館において公開することで可視化する。この学術資産研究の高度化と、その成果の可視化が本事業の特色となる。この中では、本学にゆかりの深い人物が所蔵していた資料に関する研究も行う。
 これらは、本学の学術資産およびその研究成果(「本学固有の価値」)を内外に発信するための基盤整備の一環であり、研究者による高度な学術資産の活用と本学の教育活動での活用といった、すそ野の広い成果が期待され、研究と教育とを有機的に結び付けることが可能となる。

折口博士記念古代研究所部門

 詳細は、折口博士記念古代研究所のページを御覧下さい。

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

MENU