学会

2012年6月17日更新

神道宗教学会

神道宗教学会は、戦後間もない昭和22年、神道学、民俗学、国文学の学者が中心となって、神道の真髄を学的に探求し、学術の進運と世界平和に寄与することを根本精神として、神道が近代宗教として発展してゆくための道を明らかにするため創設されました。
国内外の神道研究者のほか、神社関係者、宗教研究者が参加している学会です。
事務局は國學院大學神道文化学部資料室内に置かれています。

このページに対するお問い合せ先: 神道文化学部資料室

MENU