経済学研究科は小規模の研究科です。そのため、専任教員が相互に連携し、それぞれの研究テーマに対応できる態勢をとりながら、大学院生のニーズに応じた幅広い領域の研究指導を実現しています。将来、研究者や教育者を目指す者、専門知識が必要な企業への就職を目指す者、税理士や会計士などの高度専門職を目指す者、母国に帰って指導的な役割を果たそうと思う留学生など多様ですが、大学院生の要望を尊重しつつ教育・研究指導に取り組んでいます。

MENU