大学院入試/出願資格

2021年6月8日更新

【各研究科共通の出願資格】

博士前期課程(修士)

以下の1~6のいずれかの要件を満たす者

  1. 学士の学位を有する者、または見込者
  2. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  3. 文部科学大臣の指定した者
  4. 本大学院が、大学に3年以上在学し所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
    ※なお、学部3年次在学者が合格し大学院に飛び入学する場合、学部は退学となります。
  5. 次に掲げる各号に該当する22歳に達した者で、本大学院が個別の入学資格審査の結果、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
    (イ)高等専門学校・短期大学の卒業者
    (ロ)専修学校・各種学校の卒業者
    (ハ)外国大学日本分校、外国人学校の卒業者
  6. その他、本大学院が大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

入学資格審査:上記5・6における個別の入学資格審査は、以下の要領で実施する。

※令和3年度入学資格審査は新型コロナウイルス感染拡大状況により、予告なく取消すことがある。

[実施日]

  秋季(文・法・経済学研究科) 7月21日(水)
  春季(文・法・経済学研究科) 1月11日(火)

 希望者は次の書類を添えて、秋季は7月2日(金)~7月9日(金)16時、春季は12月4日(土)~12月17日(金)16時までに申し出ること。

〔審査料及び出願書類〕

①審査料:10,000円、 証明書自動発行機(渋谷キャンパス若木タワー1・2階)で証紙を購入して下さい。

②入学資格審査調査書(本学所定用紙⑩) ※ダウンロード可

③卒業証明書(出身大学学部のもの)コピー不可

④成績証明書(出身大学学部のもの)コピー不可

⑤日本留学試験の日本語の成績(230点以上)または、日本語能力試験(N2以上)の成績書コピー(外国籍の者のみ)

⑥返信用封筒(宛名記載、長3サイズ)

⑦パスポート及び在留カードのコピー(外国籍の者のみ)

*③・④は、原則、出願の3か月以内に発行されたものに限る。外国語の証明書には日本語訳(形式は問わない)を添付すること。ただし、海外大学等で3か月以内の発行が難しい場合は、事前に大学院事務課へ相談すること。

経済学研究科の入学資格審査を希望する、「外国の大学を卒業し、学士の学位を有していない」者は、追加で以下2点の書類を提出すること。

⑧自らが出身大学に提出した卒業論文または同様の趣旨の論文(thesis)。英語または日本語以外の言語で執筆されている場合は、日本語または英語の翻訳を付すこと(全文)。オリジナルのものに加筆修正を加えてはならない。

 卒業論文を執筆していない場合は、卒業した大学で学んだことをまとめた論文を作成し提出すること(日本語で執筆し、A4サイズ横書きワープロ使用、図表や脚注も含めて12,000字以上とする。なお、この形式や字数は國學院大學経済学部における卒業論文に準じている)。

⑨自らの大学で学んだことと、國學院大學大学院経済学研究科で研究したい研究テーマとの連関性をまとめた小論文(essay)。日本語で執筆し、A4横書きワープロ使用、4,000字以上とする。

 上記2点について、これから論文および小論文を作成する場合、ひょう窃をはじめとする不正な行為が発覚した場合、合格を取り消すこともあるので、重々承知の上で作成すること。

〔提出先〕國學院大學 大学院事務課

博士後期課程(博士)

以下の1~4のいずれかの要件を満たす者

  1. 修士の学位を有する者、または見込者
  2. 外国において修士の学位に相当する学位を得た者
  3. 文部科学大臣の指定した者
  4. その他、本大学院が修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者

このページに対するお問い合せ先: 大学院事務課

MENU