フェロー

2020年6月17日更新

フェローとは

 フェローとは、講義や教科書の内容でわからないところの質問を受け付けたり、答案やレポートの書き方を個別に指導してくれたり、一人一人の弱点を克服するための勉強方法を考えてくれたりする、新しい教育スタッフです。

“オンライン学修駆け込み寺” 法学部フェローのオンライン面談(2020年度版)

 フェローは午前9時から午後5時まで(但し休憩時間を除く)待機して、みなさんのサポートをしています。みなさんは、大学での学修に関することを、いつでも、質問したり、指導を受けに行ったりすることができます。講義でわからないことが出てきたり、勉強に行き詰まったときには、どんどん利用して下さい。

 オンライン授業期間中は、Zoomでオンライン面談を受けることができます。自分の希望するフェローに、希望する時間の面談予約を入れて下さい。フェローが、Zoomのミーティングを設定して、面談に応じてくれます。(予約方法は、下記を参照して下さい。)

 フェロー室を訪れるのは気が引ける…という学生の方もいるかもしれませんが、心配いりません!

 1.フェローは大変優しく、丁寧に指導してくれます。「こんな質問をしたら怒られるかも…」と不安に思う必要はありません。法学・政治学の勉強には、みんな最初は苦労するものです。法学・政治学の勉強の最初の一歩をどのように始めたらいいのか、フェローがしっかり手ほどきしてくれます。

 2.フェローから、いつでも繰り返し教わることができます。1回目の指導だけではうまくいかないときも、繰り返しフェロー室を訪れることで自分の成長を実感できるでしょう。

 3.「それでもフェロー室の敷居が高い、フェロー室に行きづらい、何を質問すればいいのかも分からない…」と思う方もいるかもしれません。あまり難しく考える必要はありません。最初は自分の悩みを聞いてもらうだけでもかまいません。フェローは、何をどのように始めればよいのか、親切に教えてくれます。とにかくフェローと一度話してみましょう!

 4. なお、フェローの面談を受ける時には、質問に関係する教科書その他の資料を手元において、指導を受けてください。何も持たずに質問すると、フェローは十分な答えを返せませんので、その点は注意しましょう。

 

【フェローのオンライン面談予約方法】
*(フェローへの予約メールアドレス)オンライン面談はメールでの予約制です。授業担当の法学部専任教員の配布するフェロー・オンライン面談チラシの裏面、または、法学資料室(03−5466ー0304)で確認して下さい。

*(予約申込の時間と面談時間の確認)メールでの面談予約は、原則として、面談希望の前日までに入れて下さい。当日の予約が必要な場合は、遅くとも、面談希望時間の1時間前までに予約メールを入れて下さい。面談日時の確定は、面談当日のフェローからのメールで確認して下さい。

*(予約メールの宛先と方法)予約の見落とし等を防止するため、面談を希望する曜日担当2名両方に送って下さい。面談希望フェローが決まっている場合は、申込文面内で指名して下さい。

*(予約時記入項目)
・面談を申し込みたい旨
・氏名、学科・学年・学籍番号
・面談希望の日時(必ず選択肢を3つまで記入してください)
・面談を希望する科目・フェロー名
・質問・相談したいことの概要

*(面談時の留意事項)面談時間は、長くても30分までを想定して下さい。効率よく面談を受けるために、質問に関する資料(レジュメ、教科書、課題等)を手元に準備して質問して下さい。

 

このページに対するお問い合せ先: 法学部資料室

MENU