ARTICLE

記憶に残る体験と関わり方で有意義な夏休みを

  • 人間開発学部
  • 全ての方向け
  • たまプラーザキャンパス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間開発学部 准教授 寺本 貴啓

2019年8月12日更新

人間開発学部の教員がFMヨコハマ『Lovely Day』番組内のミニコーナー「SUKU SUKU SCHOOL」に毎週出演しています。

このコーナーは、小中学生の子を持つ親に向けてお送りする「子育て」をキーワードにしたプログラム。

「人を育てるヒトになる=人間力の育成」を教育目標に掲げた人間開発学部ならではの子育て論を展開していきます。

今年度は小学校の行事に沿った内容で、7/1-8/12の7回を担当したのは、人間開発学部の寺本 貴啓准教授です。

テーマは「夏休み」。その模様をお伝えします。

「雑談で終わらせない学校面談」

 長いお休みの前には、学校面談がありますが、雑談で終わってしまったとよく聞きます。ここでは子どもの成長を促すにはどうしたらよいかという気持ちを持って臨みます。経験豊富な先生に休み中の過ごし方やこれから何をしたらよいかという前向きなアドバイスをもらうような相談をしてみましょう。思いがけないアイデアをくれたり、ノウハウを教えてくれたりします。ただし、自分の子どものことばかりのお願いで先生に負担をかけ過ぎてしまうなど、他のお子さんとの公平性に欠ける発言には気をつけましょうね。

「夏休みは子どもに体験を。声かけの工夫をして」

 せっかくの夏休みは記憶に残る体験をさせてあげたいとみなさん思いますよね。おすすめなのは工場見学やキャンプ、バーベキュー、虫や魚を採りに行くなどです。一方でわざわざお出かけでなくても、家で植物を育てる、ベランダから夜空を観察してみるといった、これまでやったことのない経験を親子で一緒に行うのもいいですね。こうした体験の延長で、自由研究につなげることもできます。そのときは、子どもに一人でやらせるのではなく、親御さんが少し声をかけるだけでだいぶ変わるものです。外で子どもが疑問に思ったことがあったら、「どうして不思議に思ったの?」「じゃあ、それ調べて見ようか」と促してみましょう。さらに継続してできるように「この時どうなったの?教えて?」「それノートに書いておこうか」など途中で励ましの言葉をかけるなども良いですね。手伝うのではなく良いタイミングで声かけをしてあげることが大切です。

「いろいろな人との関わりを」

 帰省などでの祖父母や親戚との関わりは、社会性や人間関係を学ぶ良い機会になります。子どもにいろいろな世代の人との関わりを持たせてあげると良いですね。また、親御さんにとっても普段会わない親戚に会うことで、自分について考えたり、これまでを振り返ったりすることができる時です。 

 まとまった時間のとれる夏休み。この機会にちゃんと子どもと向き合えているか、子どもがどんなことを考えているか思い返し、親子の成長のためにうまく使ってほしいです。

 

FMヨコハマ『Lovely Day』番組内「SUKU SUKU SCHOOL」は毎週月曜日 午前11時20分~25分に放送中。

(放送はインターネットラジオ「radiko.jp」でも聞くことができます)

 

FMヨコハマ『Lovely Day』

FMヨコハマ「radiko.jp」

radikoタイムフリー

 

寺本 貴啓

研究分野

理科教育学、学習科学、教育方法学

論文

教育実習と関連科目の有機的運用Ⅰ 教職関連科目で育つ資質能力についてのアンケート調査分析から(2014/02/28)

小学校理科における大学生の「活用する力」の実態に関する一考察-全国学力・学習状況調査の結果から考える教員養成のありかた-(2013/02/28)

このページに対するお問い合せ先: 広報課

MENU