ARTICLE

子どもたちにとって給食は発見・気づきの時間

  • 人間開発学部
  • 全ての方向け
  • 教育
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間開発学部 助教 小林唯

2019年9月3日更新

 

 人間開発学部の教員がFMヨコハマ『Lovely Day』番組内のミニコーナー「SUKU SUKU SCHOOL」に毎週出演しています。

 このコーナーは小中学生の子を持つ親に向けてお送りする「子育て」をキーワードにしたプログラム。
「人を育てるヒトになる=人間力の育成」を教育目標に掲げた人間開発学部ならではの子育て論を展開していきます。

 今年度は小学校の行事に沿った内容で、5/20~6/24の6回を担当したのは人間開発学部の小林唯助教です。

 テーマは「給食」。その模様をお伝えします。

 

給食だよりは親御さんへのメッセージ

 毎日お子さんの献立を考えるのが大変という親御さんの声をよく聞きます。そのときに頼りになるのが給食だよりです。子どもは普段こんなものを食べているんだ、とか家庭ではなかなか使わないこんな食材が使われているんだといったことがわかるものですが、それだけではありません。

 ここにはお子さんに必要な栄養素の量やバランス、季節ごとに気をつけたいことなど情報が満載で親御さんに伝えたいメッセージがたくさん詰まっています。献立予定表には、子どもに必要なお肉や魚の分量、入っている調味量まで書いてあるので、レシピとしても使え、夜の献立の参考にもなりますね。

 今時の給食はとてもバラエティに富んでいて、食パンにチリコンカンとキャベツサラダ、カレーにナンと言った世界各国の食事が出てきます。給食は栄養のバランスのとれた献立を提供しているだけでなく、子どもたちにとっては、食事から世界を知るきっかけになります。

 そして、自分が食べられるものが増えたり、これこんなに美味しいんだ、とわかったり、日々の経験が養われる場にもなっています。

 

配膳は勉強の場

 海外の給食事情と比べると、日本はかなり進んでいます。給食というのはもともと、子どもたちに栄養を与える福祉給食というところから始まり、そこから欧米などでも一般的な栄養素・基準量を満たすものとなりました。さらに進むと、台湾や韓国のように、その国の食文化を大切にしましょうという給食となります。日本ではここから一歩進んだ段階にあって、食育の場となっているんですね。

 給食では昔から子どもたちが自分たちでご飯をよそう配膳文化を大切にしてきました。役割分担などさまざまな学びがあるのですが、食材を作っている人に感謝し、提供されるまでのいろいろな人たちへの心のつながりを知るということも特徴です。食べるだけでなく食育にまで昇華されているのはだいぶ進んでいると思います。

 違う国のメニューを食べて他の国の文化を学ぶといったことを積極的に行っているところは、海外からも注目されているところです。このように進んでいるところはさらに磨きをかけて大切にしたい文化です。

 給食には子どもたちにとってたくさんの発見や気づきがあります。ぜひ親御さんもその発見や気づきを共有し、コミュニュケーションのきっかけにしてほしいと思います。

 

FMヨコハマ『Lovely Day』番組内「SUKU SUKU SCHOOLは、毎週月曜日 午前11時20分~25分に放送中。

(放送はインターネットラジオ「radiko.jp」でも聞くことができます。)

 

小林 唯

研究分野

栄養学、スポーツ栄養学

論文

「ホルター心電計を用いた活動代謝量および睡眠の自動算出に関する研究」(2004/03/01)

このページに対するお問い合せ先: 広報課

MENU