ARTICLE

綱引きで占う1年の実り

~スポーツ、その日本のルーツを探る~

  • 文学部
  • 日本文学科
  • 全ての方向け
  • 文化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文学部教授 新谷尚紀

2015年11月8日更新

 日本においては、2019年ラグビーワールドカップ、2020年は東京オリンピック・パラリンピックと、スポーツのビッグイベントが続きます。さまざまな競技がある中、日本におけるその競技の伝統や起源を探って行くことで、グローバルなスポーツの中の「日本」を紹介いたします。
 In Japan, there will be big sports events like the Rugby World Cup in 2019 and Tokyo Olympics and Paralympics in 2020.
 Then, we will introduce some sports that either have their roots in Japan, or were introduced to Japan and have gained popularity.

 

~綱引き~
Tug-of-War

JN(綱引き)④

 

◆世界中に存在する「綱引き文化」をひも解きます。

Tug-of-War Around the World

 

  一本の綱を引き合う「綱引き」は、特別な技術がなくても参加でき、誰もが楽しめる競技です。1920年のアントワープ大会までは、オリンピックの競技種目であったこともあります。また、韓国・フィリピン・ベトナム・カンボジアは、ユネスコの無形文化遺産に共同申請し、2015年に登録が認可されています。いにしえより世界中に同様な競技があり、日本においても、世界においても、占いや、神事と結びついて広く親しまれています。

  “Tug-of-War” where opposing sides teams pull a rope in an attempt to drag their opponents over to their side.

 It requires no special skills and can be enjoyed by almost anyone. Tug-of-War was once an event in the Antwerp Olympic Games of 1920. Also, it was added to the UNESCO Intangible Cultural Heritage list in 2015, applied for jointly by Korea, the Philippines, Vietnam and Cambodia.

 Many places around the world have  many versions of Tug-of-War, and they are popular in Japan and other countries in connection with divination and religious rituals.

JN(綱引き)① 

◆綱引きで1年間を占う?

Telling fortunes for the year with Tug-of-War?

 

 往古から行われていると思われる綱引きですが、記録に見える綱引きは比較的新しく、5~6世紀の中国の書物「荊楚歳時記」が最古だと考えられます。そこでは揚子江中流域の正月立春の行事に綱引きの記述があります。

 日本では、茅(かや)や藁(わら)で作った綱を引き合い、一年を占う神事が今も各地で行われています。綱引きは、東北地方では1月15日頃の「小正月」という行事に行われることが多く、関東の茨城、千葉、北九州などではお盆の行事で、また南九州から奄美大島では8月の十五夜に、沖縄では6月か8月の吉日に行われる例が多いようです。

 全国各地の農村や漁村で、農産物・海産物の1年の収穫を占う行事としても行われています。例えば、里方の地域と海方の地域で綱引きを行い、里方が勝てばその1年は豊作、海方が勝てばその1年は豊漁というように、綱引きの行事にはその1年間を占うという要素が含まれています。また、8月の十五夜の時期に行われる綱引きには多く豊作祈願の意味が込められています。その他いろいろな意味が込められながら綱引きは全国で盛んに行われています。

 Tug-of-War may seem to have a long history, but the oldest record that mentions it is relatively new. A Chinese book from fifth or sixth century called “Keiso Saijiki (The Xingchu Suishiji)” describes a Tug-of-War at the New Year’s in the midstream of Yangtze River.

 In Japan, a Shinto ritual that tells fortunes for the year using a rope made of thatch or straw is still held in various regions. Tug-of-War is often done at “Koshogatsu” on January 15 in the Tohoku region, but it is held during the Obon festival in August in Ibaraki, Chiba and Kitakyushu, and people around Southern Kyushu and Amami Oshima also do it in August, especially on the night of the full moon. In Okinawa, they often do it on a lucky day in June or August.

 It is also held as a fortune telling event for the harvest of agricultural and marine products for the year in farming and fishing villages across the country. For example, a Tug-of-War is performed between a farm team and a fishing team, and if the farm team wins, there will be a plentiful harvest, and if the fishing team wins, they will get a good haul that year. A Tug-of-War on the night of the full moon in August is also held to wish for a good harvest. Apart from these, there are other meanings behind Tug-of-War and people participate with hopes in their hearts all around the country.

 JN(綱引き)②

 

◆悪霊を払う綱引き

Tug-of-War to Turn Away Evil Spirits

 

 ちなみにお盆の行事の中の「盆綱」と呼ばれる藁綱の行事では、そのお盆の時期に、綱を蛇に見立てて綱引きを行っている例もあります。お盆の時期には、ご先祖様の霊が帰ってくるとともに、招いていないような悪い霊も一緒について帰ってきていると考えられます。そうした悪い霊を払うために笹を川に流すような風習も見られますが、盆綱もその1つです。蛇に見立てた藁綱を村中引きずり回すことによって、目に見えない雑霊や悪霊を集めて払っているのです。こうしたお祓いの要素が、競技に発展している例もあるようです。

 運動会の人気種目ともいえる綱引きですが、その由来をたずねてみるとこのように実は占いや魔除けの意味をもって行われてきた長い歴史もあったのです。

 In Tug-of-War at one of the Obon festival events called “Bonzuna”, a rope made of straw represents a snake. It is thought that when one’s ancestors’ souls return from the other world, unwelcomed evil spirits sometimes come with them. So, there are customs for exorcising these evil spirits. One is floating bamboo leaves down the river, and the Bonzuna. They gather and expel invisible evil spirits by dragging a straw rope all over the village. Some of these purification ceremonies seem to have developed into athletic events.

 Today, Tug-of-War is one of the popular events at school sports festivals, but when you trace it to its origin, you can see that it has a long history as both  act of divination and a ritual of protection from harm.

 

このページに対するお問い合せ先: 広報課

MENU