ARTICLE

千数百年続く「まつり」はどう生まれたのか
大嘗祭 天皇みずから平安を願う意味

  • 全ての方向け
  • 文化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神道文化学部教授(國學院大學博物館館長) 笹生 衛

2019年11月11日更新

「祭祀(まつり)」のルーツを追う旅へ episode.1

 

貞享三年大嘗会悠紀主基両殿図

貞享四年の大嘗会悠紀主基両殿図を描いた図(國學院大學所蔵)の一部分。江戸時代の大嘗祭の様子が描かれている。

 

古くから続いてきた、神を祀る文化。
日本人はなぜ神祭りを大切にし、どう行ってきたのだろうか。
古代にさかのぼり、「祭祀(まつり)」の発祥に迫る本連載。
初回は、「祭祀」そのものの意味を考える。

 

人はなぜ神を祀るのか―ヒントとなるのは、あの神話

 四季折々、日本各地で行われる「祭祀」。長きにわたり継承されたものも多く、現在でも地域の人々が支える行事であり、お互いの絆を深める場となっている。
 このような祭祀は、いかに日本列島で生まれ、伝統文化となったのだろうか。そもそも、「神祭り」とは一体何か。古代に目を向けて、その発祥を見てみよう。
 祭祀の意味や成り立ちを知る上で、参考となるものがある。『日本書紀』に伝わる「天石窟(あめのいわや)」の神話だ(『古事記』では「天石屋戸(あめのいわやと)神話」)。
「神話では、〈太陽の女神〉である天照大御神が天石窟に籠もり、世界が暗闇に閉ざされることに。そこで天石窟からのお出ましを願い、貴重な鏡と勾玉をサカキ(常緑樹)に下げ、天石窟の前に捧げました。この話は、神祭りの起源や原型を表しているのです」
 こう語るのは、古代の遺跡をもとに歴史を研究する國學院大學 神道文化学部の笹生衛教授(國學院大學博物館長)。「この神話で注目すべきは、太陽という自然の働きに神を感じ、祭っていること。これが日本の神祭りの一つの原型となります」と話す。
 神話の中では、祭祀に先立つ準備として機織りや鍛冶の記述がある。「機織りや金属加工技術は古墳時代(5世紀)に日本列島にもたらされた、当時の最新技術でした。5世紀の祭祀ではそうした最上の品々を捧げていた痕跡が発見されています」という。
 祭祀の中でもきわめて重要と言えるのが「大嘗祭」である。古代以来、天皇は毎年11月、その年の収穫を感謝し、神に新穀等の神饌を捧げる〈新嘗祭〉を行う。この神祭りを古くは〈大嘗祭〉といい、平安時代以降は〈新嘗祭〉の名称が定着していった。一方で、原則として新たに天皇が即位して最初に行う形での大規模なこの祭祀を、〈践祚大嘗祭〉と呼んだ。以降はこれを大嘗祭と呼ぶことにする。

 

約千三百年前の神祭の遺構-古代における「大嘗祭」とは

 古代の大嘗祭とはどのような祭祀だったのだろうか。
「大嘗祭の特徴は〈大嘗宮〉という特別な祭祀の施設を設けること。古代の大嘗宮は、祭の7日前に着工し5日間で仕上げることになっています。そして、祭が終わるとすぐに解体されました」

平城宮の遺構をもとに、笹生氏が描いた大嘗宮のイラスト。資料や文献から建物の遺構を割り出している。

平城宮の遺構をもとに、笹生氏が描いた大嘗宮のイラスト。資料や文献から建物の遺構を割り出している。

 なぜ、大嘗宮を特別に造る必要があったのか。笹生氏は「祭は心身を清める〈潔斎〉が重要で、祭祀の場や使われる道具が清浄であることが求められたからです」と解説する。こうして特別に設けた神殿において、米や粟の御飯に始まり、鯛やアワビ等の海産物、御酒などの神饌を、天皇手ずから取り分けて神へとお供えされたのである。
 ところで、古代の大嘗祭の舞台が確認された遺跡がある。奈良県の平城宮跡だ。「発掘されたうちの一つは、758年斎行の、淳仁天皇の大嘗宮遺構です。さらにそれ以前、8世紀前半の元正天皇・聖武天皇の大嘗宮遺構も見つかっています」と笹生氏。当時も大嘗祭はきわめて盛大であり、それは「神への畏れと敬いから、清浄性を厳密に確保し、慎重に行う必要があったのです」という。何より、祭祀の中では天皇自ら、国内の平安を願う。そのため、大嘗祭は重要な祭祀として現代まで続いてきたのだ。

現在の平城宮跡(第二次大極殿と東区朝堂院)

現在の平城宮跡(第二次大極殿と東区朝堂院)

 今年は30年ぶりに大嘗祭が斎行される。これまでの話は古代を中心とするが、平安を願う大嘗祭の意義は、環境変動により自然災害が頻発している現代においてこそ一層重要な意味を持ってこよう。なお過去の大嘗祭(新嘗祭)・大嘗宮の様子は、國學院大學博物館に展示される様々な資料や模型などを通して知ることができる。
 日本人が大切にしてきた祭。長い歴史を超え、今も続くその伝統文化の礎には、神を祀ってきた人々の真摯な思いや強い意志が感じられるのではないだろうか。

平安神宮は、当時の平安宮をモデルに作られている

平安神宮は、当時の平安宮をモデルに作られている

<編集協力:國學院大學 研究開発推進機構 助教 吉永博彰>

 

【博物館のご紹介】

國學院大學博物館

日本文化や歴史にまつわるさまざまな文化財が保存・展示されている大学博物館。常設展示は、古代の祭祀などの様子を知れる「考古ゾーン」や、日本における信仰に焦点を当てた「神道ゾーン」などがある。さらに、時期ごとの特別展や企画展も充実。今年は大嘗祭にまつわる展示をはじめ、その時々にここでしか見れない貴重な展示物が並ぶ。

[開館時間]午前10時〜午後6時 [開館日]通年 [休館日]不定期 [入館料]無料

 

笹生 衛

研究分野

日本考古学、日本宗教史

論文

沖ノ島祭祀の実像(2018/11/25)

神祇祭祀の起源と史的背景-祭祀考古学の視点から-(2018/10/25)

吉永 博彰

研究分野

中世・近世神道史、神社史、神社有識故実

論文

近世大嘗祭に於ける荒見川祓の研究―儀式次第と作法・祓具の分析を手掛かりとして―(2019/11/15)

「稲荷信仰にみた神璽の様相―近世の神体勧請を手掛かりに―」(2019/03/01)

このページに対するお問い合せ先: 総合企画部広報課

RELATED ARTICLES

MENU